後払い・ツケ払い現金化とは?即日で現金化する仕組みと方法を解説

後払い・ツケ払いサービスの現金化を解説

電子決済のイメージ図

後払い・ツケ払いのサービスを利用した現金化は、クレジットカード現金化に変わる新たな現金化サービスとして注目を集めています。

本記事では以下の項目を詳しく解説してまいります。

・後払い・ツケ払い現金化の方法
・後払い・ツケ払い現金化のメリット・デメリット
・後払い・ツケ払い現金化のスピード

クレジットカード現金化はリスクが高い…

クレジットカード現金化をする人

クレジットカード現金化はお金がなくても、カードさえあれば簡単にお金を工面できるとして人気のサービスです。

・金融ブラックでもお金が手に入る
・即日現金化も可能
・借金ではない

といったメリットがあり、20年以上も多くの方に利用されてきました。

しかしながらクレジットカード現金化は、認知度が広まってしまったが故に、現在は多くの規制があります。

まず第一に、クレジットカード会社は現金化行為を認めておらず、現金化行為が疑われる人を注視し、見張っているのです。

カード会社にクレジットカード現金化が見咎められてしまうと、

・クレジットカードが利用停止になる
・強制退会になってしまう
・一括請求を命じられる
・金融ブラックになる

といったリスクがあることに留意しなければいけません。

またクレジットカード現金化を専門に行う現金化業者の中には、ヤミ金業者も数多く存在しています。

現金化業者と利用者のトラブル事例は多く、

「クレジットカード決済をしたのに、入金をしてもらえない…」

「不明瞭な手数料を多く取られた」

「キャンセル料を支払えと脅された」

「ヤミ金や詐欺業者に個人情報が流出した」

などの被害がこれまでに報告されています。

そのためクレジットカード現金化は、便利なサービスである一方でリスク・危険性が非常に高い行為です。

ただ現実的に、金融ブラックなどの諸事情でカードローンや消費者金融が利用できないという方は大勢いらっしゃいます。

そこで近年、注目され始めているのが後払い・ツケ払い決済を利用した現金化の方法です!

それでは、後払い・ツケ払い決済とは何か詳しく解説していきましょう。

後払い・ツケ払い決済とは?

後払い・ツケ払いをする人

後払い・ツケ払い決済とは、その名の通り商品やサービスに支払う代金を、その場ではなく後日支払うことです。

実はクレジットカードも、利用代金は後日支払うため、後払い・ツケ払い決済の一種であると言えます。

最近ではバンドルカードやNP後払いなど、クレジットカード以外にも多くの後払い・ツケ払い決済が誕生しています。

それでは次に、それらの後払い・ツケ払い決済を現金化する方法を詳しく解説していきましょう。

後払い・ツケ払い決済で現金化をする方法

後払い・ツケ払い決済で現金化をする方法は、既存のクレジットカード現金化の方法と変わりません。

具体的な手順は、以下の通りです。

①後払い・ツケ払い決済で商品を購入する
②購入した商品を転売する
③転売したお金を手にする

上記は、全ての後払い・ツケ払い決済で応用できる現金化の方法です。

ただ実際には、後払い・ツケ払い決済の方法によって手順がやや異なりますのでご注意ください。

またより詳しく現金化の方法を知りたいという方は、クレジットカード現金化の方法もご参考にして下さい。

後払い・ツケ払い決済の現金化に適した商品

後払い・ツケ払い決済で現金化を行うには、クレジットカード現金化同様に現金化に適した商品を自身で選択する必要があります。

当然ながら人気・需要が高い商品の場合は、換金(=転売)時に多くの現金を得ることができます。

反対に、不人気の商品を後払い・ツケ払い決済で購入してしまうと、転売時に買い手が見つからないことも多いため、注意が必要です。

また必ずしも価格が高い商品=需要が高い商品ではない、という点も留意して下さい。

後払い・ツケ払い決済に適した商品としては、以下の商品がポピュラーです。

・ゲーム機
・ブランドバッグ
・カメラ、家電製品

特に現在は「任天堂スイッチ」や「集まれ動物の森」が世間的にも大人気です。

定価の2倍以上の価格でも買い手がついている状況で、現金化どころか利益も産み出しています。

ただクレジットカード現金化の定番商品であるAmazonギフト券は、後払い・ツケ払い決済で購入することはできません。

他にも換金性の高いギフト券類、商品券なども購入は不可能となっています。

この点は、くれぐれも注意が必要です。

後払い・ツケ払い決済の種類

後払い・ツケ払いをする人たち

古くはクレジットカードや携帯料金決済機能も、後払い・ツケ払い決済の一種であると言えます。

それ以外にも後払い・ツケ払い決済サービスは、現在次々と市場に出ています。

次にその一部をご紹介します。

サービス名支払い日
ZOZOTOWNツケ払い2ヶ月以内
楽天後払い決済請求書発行より2週間以内
メルペイスマート払い商品購入時の翌月以内
NP後払い請求書の発行から14日以内

上記外にも、Atodeneやatone、GMO後払いなど、様々な後払い決済サービスが登場しています。

後払い・ツケ払い決済の方法は使えるサービスや利用上限がそれぞれ異なりますので、事前に確認しておきましょう。

後払い・ツケ払い決済の手数料とは?

後払い・ツケ払い決済をご利用の際には、手数料が発生します。

これはクレジットカードで言うところの決済手数料のようなものです。

ただ注意すべき点として、クレジットカードの決済手数料は店舗側が支払う手数料であり、購入者は一円も支払う必要がないが、後払い・ツケ払い決済の手数料は利用者が支払わなければならない、ということが挙げられます。

また後払い・ツケ払い決済手数料以外にも、振込手数料などを要求してくる場合もあります。

後払い・ツケ払い決済手数料や振込手数料の有無は、決済サービスを導入している店舗によって対応が異なります。

例を挙げると、

ZOZOTOWN→330円
楽天後払い決済→250円
メルペイスマート払い→300円

と定められています。

これに加えて、振込手数料がかかりますので、ご注意ください。

後払い・ツケ払い決済現金化のスピードは?即日現金化は可能?

続いて後払い・ツケ払い決済の現金化は即日現金化が可能かどうかを解説していきましょう。

結論から言うと、後払い・ツケ払い決済の現金化で即日現金化を実現するのは困難です。

その理由として、後払い・ツケ払い決済の現金化を行うには、商品が自宅に届くまで待たなければいけない、ということが挙げられます。

後払い・ツケ払い決済は実店舗で導入されていることはほとんどなく、現状はネットショップのみの取り扱いがほとんどです。

そのためクレジットカード現金化のように、実店舗で商品を購入し、すぐに転売するという方法ができません。

またクレジットカード現金化の場合、専門の現金化業者と呼ばれる業者が商品の販売と同時に行っています。

したがって手元に商品がないという状態でも、現金化をしてお金を手にすることが可能です。

しかしながら後払い・ツケ払い決済に関しては、専門で現金化を行ってくれる業者はまだ多くありません。

したがって後払い・ツケ払い決済を使った現金化で、即日現金化を望むことはほぼ不可能なのです。

後払い・ツケ払い決済で商品を購入し、購入した商品が自宅に届くのを待ってから換金をするとなると、数日程度時間がかかります。

またメルカリやヤフオクなどで商品の転売を行う場合、そこからさらに時間がかかってしまうでしょう。

お急ぎで手元にお金が必要、という方は後払い・ツケ払い決済を使った現金化の方法はオススメできません。

後払い・ツケ払い決済現金化のメリットとは?

後払い・ツケ払いを利用する

後払い・ツケ払い決済を使った現金化のメリットを続いて詳しく解説していきましょう。

①クレジットカードが利用停止にならない

クレジットカード現金化を行いカード会社に現金化行為がバレてしまうと、クレジットカードが利用停止になってしまいます。

最悪の場合は、強制退会となり、会員権やポイントが剥奪されてしまう危険性もあります。

一方で後払い・ツケ払い決済現金化の場合、クレジットカードは使用しません。

そのため現金化を行ったとしてもクレジットカードが利用停止になるという心配は無用です。

「クレジットカードを手放したくない」

という方でも、安心して現金化をすることができます。

②金融ブラックでも利用できる

クレジット現金化同様、後払い・ツケ払い現金化は借金ではありません

そのため金融ブラックの方でも現金化をしてお金を手にすることができます。

専業主婦だから信用が低くカードローンは利用できない、過去に長期滞納を起こしてしまい借り入れができないという方でも後払い・ツケ払い現金化ならば問題ありません。

クレジットカード現金化のリスクが高い現在では、後払い・ツケ払い現金化が注目を集めています。

③金利手数料がかからない

上述の通り後払い現金化は借金ではありません。

そのため金利手数料や利息が一切かからないのも特徴です。

発生する手数料は上述の通り決済利用手数料と振り込み手数料のみです。

また決済会社へのお支払い時は購入した商品の代金のみを支払います。

利子や利息等はかかりません。

そのため借金に抵抗があると言う人や利子や利息を延々と支払い続けるのが怖いと言う人でも後払い決済金金日であれば安心してご利用できるでしょう。

そのため借金に抵抗があると言う方や利子や利息を延々と支払い続けるのが怖いと言う形でも後払い決済金金日であれば安心してご利用できるでしょう。

④信用情報の審査がない

繰り返しですが、後払い・ツケ払いは借り入れではありません。

そのためご利用に当たって審査がないと言うのもメリットの1つです。

信用情報の審査がないため、専業主婦やフリーター、金融ブラックの方でも利用できます。

⑤信用情報に記録されない

上記の続きですが、後払い・ツケ払い現金化は借り入れではないため利用しても信用情報に残らない残りません。

カードローンやクレジットカードの利用状況は信用情報に記憶されてしまうため、場合によってはブラックリストに追加されてしまったり住宅ローンや学資ローンの審査に悪影響を及ぼすことが考えられます。

一方で後払い・ツケ払いであれば信用情報に残らないため、

「借金をしていることを記録されたくない」

「将来的に住宅ローンの利用を考えている」

「現在他のローンサービスの審査中である」

という方でも、後払い・ツケ払い現金化であれば安心でしょう。

⑥総量規制の対象外

さらに後払い・ツケ払い現金化は借り入れではないため、総量規制の対象外と言うメリットもあります。

総量規制とは、年収の3分の1を超える金額を借り入れすることができないという貸金業法の1種です。

後払い・ツケ払い現金化は借り入れではないため、総量規制に引っかかっている方でもご利用することができます。

多重債務などで借金ができないという方でも、後払い・ツケ払いで現金化をすればお金を手にすることが可能です。

後払い・ツケ払いのデメリット・注意点

後払い・ツケ払いの危険性

続いて後払い・ツケ払いを利用する際のデメリットや注意点を解説していきます。

くれぐれもご利用前にはご注意ください。

①利用限度額が低い(手にできる金額が小さい)

後払い・ツケ払い現金化のデメリットとしてまず、利用限度額が低いと言うことが挙げられます。

例えば楽天後払い決済の場合、利用限度額は53,999円です。

ZOZOTOWNツケ払いの場合、利用上限額は55,000円に設定されています。

クレジットカードのショッピング枠は100,000円以上の金額が設定されています。

当然ながら現金化して手にできるお金の上限はお金の金額は決済サービスの利用上限額に依拠します。

したがって後払い現金化はクレジットカード現金化よりも手にすることができるお金が小さいと言うことになります。

家賃の支払い等で高額のお金が必要という方は、やや不向きな現金化の方法となってしまいます。

②換金率が低い

先ほど説明した通り後払い現金化の際には支払い手数料と振り込み手数料がかかります。

さらに転売する際には仲介手数料も発生します。

加えて転売時には商品の定価もしくは定価以上の価格で転売する事はほぼ稀です。

転売時の価格が商品の定価を下回ってしまうと、その分のお金は損してしまうことになります。

クレジットカード現金化であれば現金化業者があらかじめ換金率を保証してくれるため大幅な損をすると言う事はありません。

一方で後払い現金化の場合、購入した商品がいくらで転売できるのか、どのくらいの換金率になるのかは事前に把握することが不可能です。

場合によっては定価の半額以下の形でしか転売ができなかったと言うことも考えられます。

支払い手数料と振り込み手数料を加えると換金率は非常に低いといえます。

③即日現金化は不可能

繰り返しですが後払い現金化は商品が手元に届くまで待つ必要があるため、スピードには難があります。

ご説明した通り即日現金化をすることは難しく、お急ぎでお金が必要と言う方にはお勧めできません。

今すぐに支払いが支払いを行わなければならないと言う方はクレジットカード現金化を利用するようにしましょう。

④詐欺罪や横領罪に該当する可能性がある

当然ながら後払い・ツケ払いはそもそも現金化目的でリリースされたサービスではありません。

そのため後払い・ツケ払い決済現金化を行うと、本来の使用目的とは異なる方法で不正にお金を得ている、決済会社を欺いているとして詐欺罪に該当する恐れがあります。

また後払い決済で購入した商品は購入代金を支払うまで、決済代行会社に所有権があります。

他社の所有物を許可無く勝手に転売することは横領罪に抵触する可能性があります。

万が一後払い決済現金化が発覚してしまうと、詐欺罪や横領罪で提訴されてしまう可能性があると言う点にはご注意ください。

これはクレジットカード現金化にも言えることです。

ただ現金化においてはこれまでに利用者がカード外車に詐欺罪は俺の罪で訴えられたと言う事例はありません。

よって現実的に考えて後払い・ツケ払い現金化を行っても詐欺罪や横領罪に問われるリスクは低いと言えるでしょう。

ただ、だからといって決して安心してはいけません。

ご利用の際にはくれぐれも不自然のないよう、必要な金額だけを現金化するようにしましょう。

⑤アカウントが停止になる

後払い・ツケ払い現金化が決済会社にばれてしまうと、アカウント停止等の処分を受ける可能性があります。

アカウントが停止されてしまうと当然ながら後払い・ツケ払いが利用できなくなってしまいます。

またすゾゾタウンや楽天市場、メルカリ等元々のサービスの利用も禁じられてしまうかもしれません。

楽天に後払い・ツケ払い現金化がばれてしまい、これまで貯めていた楽天ポイントが凍結されてしまったといういう可能性もあるためくれぐれもご注意ください。

まとめ

後払い・ツケ払いで購入した商品

クレジットカード現金化に変わる新たな現金化サービスとして注目を集めている、後払い・ツケ払い現金化について詳しく解説をしてまいりました。

「クレジットカード現金化のリスクが高い」

「カードの利用停止になるのが怖い」

という方は、後払い・ツケ払いの現金化を活用してみましょう!