後払い(ツケ払い)現金化の2つの種類とは?仕組みからメリット・デメリットを解説

後払い・ツケ払いサービスの現金化を解説

後払い(ツケ払い)現金化の仕組み

最近、新たに誕生した後払い(ツケ払い)現金化の仕組みや方法について、2種類ご紹介します。

それぞれ、メリットやデメリットがありますので、ご利用前にくれぐれもご確認ください。

後払い(ツケ払い)現金化の種類

後払い現金化は最近始まったサービスです。

各業者ごとに、現金化の流れやスキームは異なります。

業者にお申し込みをする前に、当該の業者がどのようなスキームを採っているのか、どのようなメリット・デメリットがあるのかを確認しておきましょう。

種類1:ギフト券の後払いによる現金化

strategy

ギフト券後払いによる現金化の方法です。

簡単な現金化の流れは、以下の通りです。

①業者に申し込み
②書類提出(審査)
③購入できるギフト券の金額提示
④業者からギフト券を購入
⑤受け取ったギフト券を転売
⑥後日、ギフト券代金を業者に後払い

審査について

幾らの金額を後払いで受け取れるかが、簡単に審査されます。

審査方法は、給料ファクタリングと同じです。

収入や借入金額、借金の理由、他社利用歴から詳しい審査が行われます。

給料ファクタリング同様に、信用情報の審査はありません

そのため金融ブラックの方や信用が低い方でも、問題なくご利用することができます。

また給料ファクタリングよりも、審査は簡易的かつ緩めです。

在籍確認を行わない業者も多く、銀行通帳履歴も提出する必要がないことがほとんどです。

メリット

ギフト券後払いによる現金化のメリットや特徴としては、換金率が高いということが挙げられます。

Amazonギフト券などは、需要が高く換金性の高い商品です。

専門の買取業者を利用した場合、90%前後の換金率で現金化を行うことができます。

後払い業者に対して支払う手数料は、10%から15%程度が相場です。

したがって実際の換金率は80%程度となります。

給料ファクタリングの最安手数料と変わりはなく、クレジットカード現金化よりも手数料は安いと言えるでしょう。

デメリット

続いて、ギフト券を用いた後払い現金化のデメリットや注意点を詳しく解説します。

仕入状況による

後払い現金化業者が、業者に販売するためのギフト券や商品間の在庫がない場合、販売することはできません。

現金化業者はAmazonギフト券を定期的に知る必要がありますが、仕入れ状況は安定では無いありません。

年末年始などギフト券が市場に市場内で需要が高い時期は、業者が販売できるギフト券を有していない可能性があります。

ギフト券の購入を申し込んでも、断られてしまうことも考えられます。

確実にAmazonギフト券を購入し現金化できるわけではないと言うことを押さえておきましょう。

自分で換金をする必要がある

現金化業者から購入したギフト券は自動で現金化できるわけではありません。

現金化業者は自社買い戻しを行わないため、購入したギフト券は自分自身で別の買取業者を利用して現金化する必要があります。

そのためアマゾンギフト券の購入自体は即日で行うことができますが、換金換金作業に手間がかかると数日程度の時間がかかってしまうことも考えられます。

特に初めてアマゾンギフト券を現金化すると言う形の場合、多くの時間と手間を費やしてしまうかもしれません。

手数料が二重にかかる

後払い現金化業者から購入するギフト券は定価ではありません。

業者の手数料も含まれるため、後払いの際には各面の10%から20%程度の金額を支払う必要があります。

加えてリング業者から購入したギフト券を換金する際には、買取手数料がかかります。

つまりはAmazonギフト券を金後払い購入し現金化する場合、手数料が二重にかかると言うことです。

結果的には結果的に得られる金額と言うのは、Amazonギフト券の額面の70%前後になるでしょう。

換金率は通常時よりも低くなってしまいますので、ご注意ください。

種類2:オリジナル商品の後払いによる現金化

後払い(ツケ払い)のプラン

後払い現金化の方法には上記でご紹介した商品券のギフト券を使う方法以外にも、もう一つ方法が確立されています。

その方法とは、現金化業者が独自に用意した商品を後払いで購入することで、現金化を行う方法です。

具体的な流れは以下の通りです。

①現金化業者に申し込みをする
②現金化業者が両者の審査を行う
③現金化業者が後払い決済可能な金額を利用者に提示する
④業者は原理が業者に紹介された販売店にて後払い決済を行う
⑤現金化業者が商品の転売を代行する
⑥商品の買取店から利用者に買取代金が支払われる
⑦後日後払い代金を支払う

以下で簡単にそれぞれのスキームを解説していきます。

①現金化業者に申し込みをする

まずは現金化業者の公式サイトより、申し込みフォームを入力、送信します。

申し込みフォームに記入する内容は利用者の個人情報や勤務先に関する情報です。

②現金化業者が利用者の審査を行う

申し込みフォームの送信内容と書類の内容によって審査が行われます。

審査では主に収入やヤミ金、給料ファクタリングの利用歴などが調査されます。

後払い現金業者は割賦販売業者や金融業者ではないため、信用情報は審査されません。

そのため金融ブラックの方や専業主婦と言う形でも審査に可決することが期待できます。

③現金化業者が後払い決済可能な金額を利用者に提示する

上述の審査によって、現金化業者はいくらの金額をの後払い決済を認めるかを審査します。

審査が終了すると、業者より後払い決済可能な金額とそれに伴う商品が提示されます。

商品の金額の相場は10,000円から50,000円といったところです。

④業者は原理が業者に紹介された販売店にて後払い決済を行う

提示された商品の金額にご不満がなければ、商品の販売店と後払い決済での売買契約を結びます。

後払い記述は審査によって決定されます。

属性がよければ後払いの期日は長くなりますし、反対に属性が悪いと後払いの期日は短くなってしまいます。

ただ岡田の場合、後払い期日は給料日に設定されているため、支払いに窮してしまう事はないでしょう。

⑤現金化業者が商品の転売を代行する

購入した商品は現金化業者が受け取ります。

また現金化業者が商品を買い取ってくれる買取店を探してくれます。

さらに現金化業者は商品の転売まで行ってくれます。

したがって利用者は商品の換金をご自身で行う必要はありません。

⑥商品の買取店から利用者に買取代金が支払われる

無事に商品の転売作業が行われると、利用者に商品の換金額が支払われます。

⑦後日後払い代金を支払う

後日、後払い傷になりましたら後払い代金を支払います。

なお後払い代金を支払うのは現金化業者にではなく、商品の販売店です。

メリット

続いて商品販売代理による後払い現金化の方法のメリットや特徴を解説していきましょう。

手間がかからない

商品販売代理より後位現金化の方法では、ギフト券を使った後腹現金化の方法とは異なり、商品の換金作業は業者が代行してくれます。

そのため利用者はご自身で換金手続きを行う必要がありません

スピーディーにお金を手にすることができますし、面倒な出品手続き、書いて探し、買い手とのやりとりを省くことができるため、とてもメリットが大きいといえます。

買取店との価格交渉も現金化業者が代行してくれるため、商品を安く買い叩かれると言うこともという心配も不要です。

商品が自宅に発送されることがない

クレジットカード現金化の場合、商品売買商品取引をきちんと成立させるために、ご自宅に購入した商品が届けられます。

商品が送られてこない場合、商取引は不成立とみなされ、違法になってしまうこともあるため、商品が発送されるのは必然です。

しかしながら商品がご自宅に発送されることで、ご家族の方に不審に思われてしまう可能性があります。

また配送手数料は利用者が負担しなければいけないため、お住まいの地域によっては配送手数料が高額になってしまうことも考えられます。

一方で商品販売代理による後払い現金化の場合、購入した商品は現金化業者がすぐに転売手続きを行ってくれます。

利用者のご自宅に商品が届られる事はありません。

したがってご家族の方にバレたり、不審に思われる心配は不要です。

商品が自宅に発送することがないため、発送時間を待つ必要がなく、スピーディーに現金化ができると言うのもメリットであります。

デメリット

商品販売代理による後払い金金日では、現金化金額と支払期日を決定するために審査が行われます。

審査では信用情報が見れる事はありませんが、借り入れ金額やヤミ金の利用歴、給料ファクタリングの利用履歴等をチェックされる可能性があります。

また業者によっては、お勤め先に在籍確認を行うことも考えられます。

属性が悪いと審査落ちになってしまうこともあり、必ずしも後払い現金化が利用できると言うわけではないと言う点にもご注意ください。

まとめ

後払い(ツケ払い)現金化の方法を比較

今回は後払い現金化の主流となりつつある2つの仕組みについてご紹介して参りました。

ギフト券を使った後から現金化の方法と、商品販売代理による後払い現金化の方法は同じ現金化サービスでもスキームが全く異なる方法です。

後払い現金化というスキーム自体が、最近登場した新サービスですので各社ごとに現金化の方法が異なります。

ギフト券を使った後から現金化の方法と、商品販売代理による後払い現金化の方法は同じ現金化サービスでもスキームが全く異なる方法です。

それぞれの現金化業者の現金化手法を事前にチェックし、どのようなメリット、デメリットがあるのかを把握するようにしましょう。

換金率やスピード、利用者の手間などがそれぞれ異なりますので最もご自身に適した方法をお選びください。