闇金 信用屋の手口を解説!

お金に困ったとき、多くの方が最初に考えるのはキャッシングでしょう。
しかしながらキャッシングをはじめとするカードローンや消費者金融と言った貸金業界には多くの悪徳業者・ヤミ金業者が潜んでいます。
⇒⇒⇒利用する前に知っておきたい 消費者金融のデメリット・悪影響
⇒⇒⇒キャッシングとクレジットカード現金化のメリット・デメリットを比較!

隠れたヤミ金業者の存在や手口を理解していないと、次なる被害者はあなたかもしれません。

今回はヤミ金業者の代表格である信用屋とは何か、信用屋の手口、そしてクレジットカード現金化サービスに潜む信用屋を解説していきます。

信用屋とは?

札束をちらつかせる

信用屋とは簡単に言えば、個人の信用情報を餌にしてお金をだまし取る詐欺の手口、または詐欺を行う業者のことを言います。
キャッシンを受ける際には過去から現在に至るまでの借金の有無や借金の返済状況、クレジットカードの返済といった個人の信用情報を審査されます。

そのため多重債務者借金の返済延滞がある方、自己破産をしてしまった方は貸したお金を返済するための信用がないと見なされ、審査によって融資を断られてしまいます。
⇒⇒⇒審査落ちは社内ブラックが原因かも!?
⇒⇒⇒審査落ちするのはスーパーホワイトかも?

そのような審査に落ち、融資を断られてしまった方に忍び寄ってくるのが信用屋です。

信用屋は審査に落ちてしまった方に対して、「信用情報をよくする方法がある」・「融資をするには、信用が必要」などと言葉巧みに近寄っていき、信用料という名目でお金を振り込ませます。

振込前に「入金を確認した後に、希望額を融資する」などと説明しておきながら、入金されたことを確認すると姿をくらましてしまいます。当然ながら融資は一円たりともされませんし、信用情報も改善されていません。

また入金後に「あなたの信用情報を改善しておいてあげた、これで審査に通る」と嘘吹くこともあります。
個人の信用情報は民間企業によって管理されており第三者が改善できるものではなく、もちろんお金を払えばよくなるものでもありません。

こちらのケースでは被害者が審査に落ちたと文句をいうと、さらに信用料を釣り上げてきます。

信用屋が説明する事前の信用料やその後の融資、さらには個人の信用情報などは全くのデタラメです。

信用屋の詐欺手口

信用屋の被害事例

1ヶ月の生活に困って消費者金融を利用しようと思ったが、過去にクレジットカードの返済延滞を起こしてしまっていたので審査に断られてしまいました。
そんなときネットで「他社で審査に落ちた方でも融資可能」という貸金業者の広告を見て、藁にもすがる思いで申し込みを行いました。

そこで言われたのは
  • 「今のあなたの信用情報では融資をするのは難しいですが、信用を作るために指定口座に5万円を振り込んでください。」
  • 「振り込んでいただければあなたを信用できる方だと見なし、50万円までの融資を致します。」
  • 「事前に振り込んでいただいた5万円はデポジット(担保金)なので、利息と元本の返済が終わった時点でお返しいたします。」

といった言葉でした。信用を得るためにお金を振り込むということを熱くもっともらしく説明していたため、納得してしまい指定された口座に5万を振り込んでしまいましたしかし入金後は何も連絡がなく、そのまま融資を受けることなく信用料だけ取られて逃げられてしまいました

以上の被害事例が典型的な信用屋の手口です。

信用屋の詐欺手口を簡単にまとめると、以下の通りになります。

  • 主に消費者金融の審査に落ちてしまった方、金融事故を起こしたことがある方をターゲットに、信用を作るという名目で、信用料を請求
  • 信用料が入金されると融資を行うことなく行方をくらませる
  • or信用料が足りないため融資ができないと言ってさらなる信用料を要求

特徴としては極めて少額のお金を要求してくるという点です。
「これくらいの額で信用を作れるのなら…」という気持ちにさせ、被害者の隙をついてきます。

自分はそんな言葉に騙されないと思っていても、詐欺集団やヤミ金業者は人を騙すプロです。
慢心することなく、「信用を作る」・「信用情報を改善してあげる」と言った言葉には注意するようにしましょう。

クレジットカード金化と信用屋

オレオレ詐欺をする人

クレジットカード現金化を行なってくれる現金化業者を利用する際にも、少なからず信用屋の存在に注意する必要があります。

その理由はクレジットカードのショッピング枠現金化サービスは借金ではないからです。
借金ではないため、現金化したお金を返済する必要はなく、利用するにあたって審査がありません。

そのためクレジットカード現金化を利用する方の中には、「多重債務を抱えている」・「借金の返済遅延がある」・「自己破産をしてしまった」といったような、消費者金融を利用できず信用情報が無い方がいらっしゃいます。

信用屋もそのことを重々理解しているため、信用情報が低い方を喰いものにしようとクレジットカード現金化業界に集まってくるのです。

そのためクレジットカード現金化を利用しようとする際に、「信用情報をよくする必要がある」・「信用が低いため、信用料を支払わなければ現金化ができない」などと言われたらその時点で利用を断るようにしましょう。
キャッシングとクレジットカード現金化のメリット・デメリットを比較!
⇒⇒⇒クレジットカード現金化のために自力で信用情報を回復する方法
⇒⇒⇒クレヒスを良くすればクレジットカード現金化がバレにくくなる!

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING
  • クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…
  • 手っ取り早く優良業者を知りたい!
  • 一番高い換金率の業者はどれ?
  • 入金スピードが早い業者はどこ?

という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして下さい!

この記事を読んだ方におすすめの人気記事