握手して契約を結ぶビジネスマン

信用情報が悪くなると金融機関を申し込む際の審査に落ちてしまい利用することができません。本記事では信用情報を良くし、回復させる方法を解説します。最後には借金の返済に困っている方のためにオススメの資金調達法であるクレジットカードのショッピング枠現金化についてもお話しします。

信用情報とは?

年老いた手を握る

信用情報とは、クレジットカード会社や消費者金融といった金融機関が利用者と契約をする際に用いる個人の信用情報のことです。
日本では全国銀行個人信用情報センター(KSC)と株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構の3つの機関が国民の信用情報を管理しています。

各金融機関は上記3つの期間とそれぞれ提携をしており、利用申し込みがあった際には個人信用情報機関に申込者の信用情報を提供してもらい、審査に活用しています。

信用情報が悪くなることって?

普通に生活している方ならば別段、信用情報について気にする必要はありません。
ですがクレジットカードの支払いや借金の返済を延滞してしまうと、信用情報に傷がつき、悪い情報が残ってしまいます。

上記に加えて多重債務を抱えている方や過去に自己破産、個人再生、任意整理といった債務整理を行った方はブラックリストとして記録されてしまいます。

ブラックリストに記録されてしまうと、ほとんどの金融機関の審査に落ちてしまうでしょう。
⇒⇒⇒ブラックリストでもクレジットカード現金化ならお金を手にできる!
⇒⇒⇒社内ブラックとは?ブラックリストとの違いやデメリットを解説

信用情報が悪くなるデメリット

怒った表情を浮かべる女の子

信用情報に傷がつき、悪い記録が残ってしまうとどのようなデメリットがあるのかを見て行きましょう。

クレジットカードが作れない

普段何げなく使っているクレジットカードですが、クレジットカードは本質的には借金です。

クレジットカードで払ったお金は、カード会社が一時的に立て替えています。
カード利用代金は後日、カード会社に返済をしなければいけません。

そのため信用情報が悪いと、クレジットカード会社に作成を申し込んでも断られてしまいます。

最近はキャッシュレス社会の影響で現金お断りのお店も増えてきていますし、高い買い物をしたいとき、ネットショッピングをするときなど、クレジットカードを持っていないと不便に感じることは多いでしょう。

またクレジットカードを持っていればお金に困ったときにキャッシングを利用することができますが、そのキャッシングも利用できなくなってしまいます。
⇒⇒⇒【必読】キャッシングのデメリットを知っておこう

ローンが組めない

住宅や車といった大きな買い物をするときは、ローンを組むのが一般的です。
しかしながら信用情報が悪いとローンを組むことができません。

そのため車や住宅を購入することは不可能となってしまいます。

ETCカードが作れない

高速道路料金を払う際には現金ではなく、ETCカードを使えば支払いの手間が省けてスムーズにドライブをすることができます。

このETCカードは実は、クレジットカード会社によって発行されています。
そのため信用情報が悪いと、ETCカードを発行することはできません。

提携先の企業も利用できなくなる!

各金融機関は認知度を高め、質の良いサービスを提供するために、様々な企業と提携をしています。

例えば三井住友カードは航空会社のANAと、みずほ銀行は生命保険会社のアフラックとそれぞれ提携をしています。

もしも信用情報が悪いと、金融機関が提携している企業を利用する際にも、多くの不都合が生じると考えられます。
つまり金融機関と提携している企業のサービスを利用することも、できなくなってしまう可能性があるということです。

信用情報が悪いことで、二次被害、三次被害が起こってしまうのです。
⇒⇒⇒提携カードでクレジットカード現金化をする場合の注意点!

信用情報を回復させるには?

考える女性

信用情報に記録された悪い情報は、そうそう簡単には消えません。
一般的に借金やクレジットカード返済の延滞は約5年多重申し込みは半年から1年自己破産などの債務整理を行うと5年から10年間も、信用情報管理機関データベースに記録され続けるといいます。

では、悪くなった信用情報を回復させるには、どうすればいいのでしょうか?

ローン契約やクレジットカードなどを解約する

ローン契約やクレジットカードを契約しており、毎月きちんと返済ができていないと信用情報はさらに悪化してしまいます。
そのような事態を防ぎ傷口を広げないためにも、一度クレジットカードやローンを全て解約してしまうことをオススメします。

ローンやクレジットカードを解約すると「キチンと返済が行われた」という情報が信用情報に記録されます。
したがって信用情報がプラスになることが期待できます。

特にローン利用者の中には、完済をしているのに解約していないせいで、他の審査が通らないという方がたくさんいらっしゃいます。

また一度解約をしてしまえば、新たに借金を作ってしまう心配もなくなります。
「契約をしていると、少しだけ…とついつい借りてしまう」
という方は借金を断ち切るためにも、不要な契約は解約してしまいましょう!
⇒⇒⇒クレジットカード現金化と各種ローンを徹底比較!

定期的な収入を得る

金融機関は申込者に返済能力があるかどうかを、最重要視します。

そのため定期的な安定した収入を得ることができれば、信用情報を回復させることができます。

定期的な収入の条件に、多い少ないは関係ありません。

返済延滞があれば、完済する

どんなに収入があったとしても、返済ができていない借金や返済延滞をしてしまっているローンがあると、信用情報は著しく下がってしまいます。

そのため、できることなら早いうちに今ある借金は完済してしまいましょう。
⇒⇒⇒クレジットカード現金化で借金を完済する方法まとめ

信用情報を悪くしないためには

信用情報を回復した後は、取り戻した信用情報を再び失わないように努めましょう。
そのためにはクレジットカードやローン支払いを延滞しないことと、収入を確保することが大切です。

他の人より収入が少なくても、毎月コンスタントに収入を得ることができれば、信用情報が悪くなることはありません。

借金の返済に困ったらクレジットカードのショッピング枠現金化!

積み重ねられたコイン

信用情報をよくするために借金を返済しようと思っても、膨らんでしまった借金はそう簡単になくなるものではありません。

今現在、膨らむ借金を返済することができずに頭を抱えている方も多いことでしょう。
ですが借金を返済するために、借金を重ねてはいけません。
自転車操業に未来はなく、行き着く先は破産しかありません。
⇒⇒⇒【必読】自己破産のデメリット・悪影響を解説

そこで借金を返済するためにオススメな方法として、クレジットカードのショッピング枠現金化があります。
クレジットカード現金化をすれば、借金返済に必要なお金を手にすることができ、借金を完済することもできます。

またクレジットカード現金化は即日融資も可であるため、急な出費に迫られたときや、返済期日が迫っているときにも大助かりなサービスです。
⇒⇒⇒クレジットカード現金化なら即日融資が可能!急な出費にも対応できる!

クレジットカードのショッピング枠現金化を利用するということは、信用情報を回復しまっとうな人生を歩み出すための第一歩です。
クレジットカード現金化で人生を変えましょう!
⇒⇒⇒クレヒスを良くすればクレジットカード現金化は絶対にバレない!

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING
  • クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…
  • 手っ取り早く優良業者を知りたい!
  • 一番高い換金率の業者はどれ?
  • 入金スピードが早い業者はどこ?

という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして下さい!

この記事を読んだ方におすすめの人気記事