クレジットカードと鍵

現金化は違法でないもののカード会社の利用規約上は違反となっています。しかしクレヒスを良くすればカード会社に現金化がバレるリスクを低くすることができるのです!今回はクレヒスを良くする方法を教えちゃいます。

クレジットカードの現金化は違法?

クエスチョンマークネットの情報を見ると、クレジットカードの現金化を違法なサービスと言って批判をしている人がいます。
クレジットカードの現金化は現在のところ、違法なサービスではありません。
ですがカード会社の利用規約上は違反となっています。
法律での罰則はないものの、現金化がカード会社に発覚するとペナルティが課せられてしまうこともあります。

カード会社からのペナルティ

現金化が発覚することでカード会社から受けるペナルティには、例としてカードの利用停止カードの強制退会残金の一括請求が考えられます。
より悪質であると判断された場合は、クレジットカード会社のブラックリスト入りやクレジットカードの新規発行ができなくなる恐れもあります。

利用停止期間はカード会社により異なりますが、審査が厳しいJCBやAmerican Express、銀行系のカードですと永久的に利用停止処分になってしまう可能性もあります。

現金化がバレてしまう人とは?

現金化が発覚し指を差される人クレジットカードの現金化をカード会社が即座に、確実に把握する方法は今のところはありません。
現金化を行った瞬間に、カード会社に現金化が発覚する可能性はほぼ無いでしょう。

それならば、カード会社はどのようにして現金化を行った人を見つけ出すのでしょうか?

前述の通り現金化を見つける確実な方法は存在しません。
ですので、カード会社は現金化をしそうな人をあらかじめリストアップし、疑いがある人を片っ端から順番に調べていくのです。

ではカード会社に目を付けられやすい、「現金化をしそうな人」というのはどういった人のことを指すのでしょうか?
それはズバリ、信用が無い人のことです。
信用がない人は、言いかえればクレジットカードヒストリーが良くない人ということです。

クレヒスが良くない方が現金化を行うと、現金化がカード会社に発覚する可能性が高くなってしまうのです。

クレヒスってなに?

データを確認する様子クレヒスとは、クレジットカードヒストリーの略語のことです。
その名の通り、今までクレジットカードを利用してきた履歴のことを指します。

毎月定期的にクレジットカードを利用して、延滞も無ければいい履歴ですし、反対に支払いの延滞や遅延が多いと悪い履歴としてカード会社に記録されます。

クレジットカードは個人の信用に基づいて成立しています。
ですからクレヒスを言いかえると、「利用者の信用が積み重なった物」と言うことができますね。

クレヒスを磨けば現金化が発覚しない!

クレジットヒストリーを確認する男性先ほどお話しした通り、現金化が発覚しやすい人の特徴としてクレヒスが悪いことが挙げられます。
消費者金融から借金をしている人キャッシングを頻繁に利用している人、月々の支払いの遅延や延滞をしている人はクレジットカードを利用する可能性がとても高いです。
そのためカード会社はクレヒスが悪い人に目を付けて、クレジットカードの現金化を行わないかチェックしているのです。

クレヒスが悪いと現金化がバレやすい、ということは逆に言えば、クレヒスを磨いて良くすれば、現金化はカード会社にバレにくくなるのです!

クレヒスを良くする方法

拳を合わせ喜ぶ様子クレヒスを良くする方法はいくつかあります。
以下に代表的なクレヒスの磨き方を挙げてみます。

①クレジットカードの支払いを絶対に延滞しない

クレジットカードの支払いは延滞しない、これがクレヒスを良くする最重要項目です。
極論を言うと、支払い期限を守って普通にカードを使っていれば、カード会社から目を付けられることはまず、ありません。

クレジットカードは利用者の信用に基づいています。
例えばあなたは友達にお金を貸したとします。
もし返済の約束の日までに友達からお金を返してもらえなかったら、その友達のことは人として信用できなくなりますよね?クレジットカードにもこれと同じことが言えます。
返済が遅くなる人は信用ができない、これは世の中の常識なのです。

厳しいようですが、クレジットカードの支払いは期日に一分一秒でも遅れると延滞になってしまいます。
引き落とし日に口座からお金が引き落とせなければ、その時点で有無を言わさず延滞となってしまいます。

1日たりとも延滞はしないようにしましょう。

また、クレジットカード会社は顧客の信用情報を各会社間で共有しています。
1枚のカードを延滞してしまうと、他社で作ったカードの信用も損なわれてしまいます。

ちなみに3か月以上の延滞をしてしまうと俗にいうブラックリスト入りになってしまいます。
ブラックリスト入りになると、新しくクレジットカードを作ろうと思っても審査に落ちるようになってしまうので注意が必要です。

「支払い期限を忘れていて、ついうっかり…」と支払いを延滞してしまう方が多いみたいですが、支払いを延滞してしまうことだけは何としてでも避けてください。

②毎月コンスタントにクレジットカードを利用する

1枚のカードにつき、毎月1度の明細書が必ず届くようにコンスタントにクレジットカードを利用するようにして下さい。
これが2つ目のクレヒスを良くする方法です。

自社のクレジットカードを毎月必ず使ってくれている人は、カード会社の大切なお客様になります。
したがってカード会社からの心証も良くなり、クレヒスの向上に繋がるのです。

クレジットカードを複数持っている方だと、今月はどのカードを使ったのかまたは使ってないのかが、分からなくなってしまうかもしれません。
オススメの方法としては、携帯電話代、インターネット代、電気・ガス料金など月々の決まった支払いにクレジットカードを利用することです。
そうすることで、カードの使い忘れを防げます。

とはいえ、毎月必ずカードを利用するといっても数百円程度の利用だと、カード会社からはいい顔をされません。
少額の利用ですと、明細書の発行や輸送代を差し引いたらカード会社の利益にはほとんどならないからです。
例えば月に一回コンビニでお菓子を買う、くらいの買い物ですとクレヒスの向上にはあまり効果がありません。
むしろこれではカード会社に嫌な顔をされてしまいます。
可能ならば1枚のカードにつき数千円程度は毎月利用するようにしてください。

③自分の情報を確固たるものにする!

カード会社がチェックする個人情報には例えば、勤め先の会社の情報、自宅の住所・電話番号などが含まれます。
カードの利用履歴だけでなく利用者の個人情報も含めて、総合的に信用は創造されるのです。

クレジットカード会社が持っている情報と実際の個人情報に差異があるのはあまりよくありません。
下手をすると虚偽申請と取られてしまう可能性があります。
引っ越しをしたときや転職をしたときは必ずカード会社に個人情報変更の連絡をするようにしましょう。

ちなみにですが、家庭の固定電話番号を個人情報として申請すると、信用力の向上に繋がります。
固定電話が家にあるけど、カード会社に登録してなかったという方は今すぐ登録しましょう!

④消費者金融からの借入れは利用しない

消費者金融などから借金をすると、カード会社からの評価は下がってしまいます。
たとえきちんと返済していたとしても、消費者金融を利用するということがお金が無いという証拠なので、カード会社からチェックされてしまうのです。
借金を重ねる人は現金化に手を出す可能性が高いので、さらに監視の目が高まります。

どうしてもお金が無く借金をせざるを得ない場合はキャッシングを利用しましょう。
同じ借金でもカード会社から借りるぶんだけまだマシと言えます。
もちろん一番のオススメはクレジットカードの現金化です(笑)

クレヒスを良くする方法などのデマ情報には注意!

フェイクニュースネット上にはクレヒスを良くする方法や、クレヒスが悪くなる方法などについて様々な情報が飛び交っています。
中には都市伝説や眉唾ものの情報も多くありますので注意が必要です。

例えばネットでクレヒスを良くする方法を検索すると、「リボ払いを選択するとクレヒスが良くなる」、「カードを解約するとクレヒスが悪くなる」などといった情報が出てきます。
これらの情報は完全な誤りです。
ネットに転がる間違った情報を鵜呑みにしないようにして下さい。
クレヒスを良くしようと、おかしなことばかりすると逆にクレヒスが悪くなってしまう可能性があるので気をつけてください。

最後に

タイプライター以上でクレヒスを良くする方法についての説明は終わりとなります。

クレヒスを良くするには、特に難しいことをする必要はなく、ごくごく普通にカードを使えばいいということがおわかりいただけたでしょうか。

クレジットカードは個人の信用、利用者自身を映し出す鏡のようなものです。
皆さんも、自分磨きだと思って自分のクレヒスを磨いてみてはいかがでしょうか?

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING

クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…という方、手っ取り早く優良業者を知りたい!という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして頂ければと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事