経営者の机

会社を経営していると資金難に陥ることは多々あります。そんなとき法人カードがあれば簡単に現金を手にすることができることをご存知でしょうか。法人カードで現金化をするメリット、注意点を細かく解説していきます。

事業の運営に資金難はつきもの

仕事をする様子とドルマーク自営業や個人事業主の方が運転資金の不足に陥ってしまうことは、決して珍しいことではありません。
開業したばかりの人で資金がない方だけでなく、事業が軌道に乗ってきたという事業主の方でも人件費や設備投資、取引先の支払いなどが重み、お金に余裕が出てくるのはまだまだ当分先の話です。

最近では安泰と思われていた大手の会社でも倒産してしまうような時代です。
少し景気が良くなってきたとは言え、不景気などでいつそのような状態になるか分かりません。
事業を行う上で、なるべくならお金の心配はしたくないものです。

そんな資金難の解決策として、法人カードを使ったクレジットカード の現金化をご存知だったでしょうか?
事業を経営している方、法人の方は知っておいて損はありません!

法人カードとは?

法人クレジットカード法人カードによるクレジットカードの現金化を説明する前に、まずは法人カードとは何かを簡単に説明します。

法人カードとは、企業や個人で事業を行なっている事業主の方のみに、発行されるクレジットカードのことです。
法人カードを持つと、カードの支払い口座に会社名義の法人口座を指定できます。
またクレジットカードの限度額を、個人カードとは異なり最大で数百万円にも設定することができます。
個人カード同様に法人カードを使ってカードローン、キャッシングを行うことも可能です。

法人カードに関して、1つ注意点を挙げるとすると個人カードで買い物をするときには一括払いや分割払い、リボ払いなどと支払い方法を複数選べますが、法人カードの場合は支払いは原則一括払いのみです。
ですので特に大きな額のカード利用をするときは、注意が必要です。

また法人カードは会社の規模により呼び方が異なります。
簡単に言ってしまえば、中・小企業の方が持てる法人のクレジットカードはビジネスカードと呼ばれ、大企業の方が持てる法人のクレジットカードはコーポレートカードと呼び方が変わります。
より細かな区分としては従業員の数が20名以下だと「ビジネスカード」となり従業員の数が20名より多いと「コーポレートカード」と呼び分けられるのです。
ビジネスカードとコーポレートカードの違いは利用限度額くらいで、基本的な機能は同じです。

他にも法人カードの中には、福利厚生のために会社に所属している方や職域生協の組合員の方に発行される福利厚生カードというものもあります。
福利厚生カードはポイント還元率などゴールドカードに準ずるサービスが付いていますが、個人で契約するクレジットカードよりも利用限度額は低いという特徴があります。
また所属している会社の契約形態によっては、カード利用分が翌月の給料から直接引かれることもあります。
福利厚生カードについては該当する方、実際に保有している方は少ないでしょうし、知識程度に覚えておいてください。

法人カードには「ビジネスカード」、「コーポレートカード」、「福利厚生カード」の3種類がありますが、どの法人カードでもクレジットカードの現金化は可能です!

法人カードを現金化するメリット

上向きの矢印クレジットカードの現金化はもちろん法人カードだけでなく個人カードでも行うことができます。
では、あえて法人カードで現金化を行うメリットは一体何でしょうか?
次に法人カードで現金化をする上で、是非知っておいていただきたいメリットをお話しします。

メリット① 換金額が大きい

ビジネスに必要なお金というのは、ちょっとやそっとの額ではありません。
取引先への支払いは数十万円にもなりますし、新しい設備を購入しようと思ったら数百万円かかることもザラです。
当然ながら、そのような大金をすぐに用意するのは大変困難になります。

しかしクレジットカード の現金化ならば、大きな額のお金を一度に得ることができるのです。
法人カードの利用限度額は個人のクレジットカードよりも遥かに大きいですし、設定次第では一度の現金化で数百万円単位のお金を手にできます。
このように大きな額のお金をすぐに手にすることができるのは、借金を除いてクレジットカード の現金化以外ありません。

メリット② 換金率が高い

法人カードでクレジットカード 現金化を行うと、通常の現金化よりも換金率が高くなります。
法人カードの現金化は換金額が大きいため、現金化業者が通常よりも手数料を安くしてくれるのです。
手数料を安くしてくれるということは、必然的に換金率が高くなるということです。
また現金化を行ってくれる業者によっては、法人の利用者限定プラン、法人の利用者専用の割引を用意してくれている場合もあります。
これらの特典によって上がる換金率は最大で5パーセントにもなることもあります。
100万円の5パーセントは5万円にもなります。
決してないがしろにしていい数字ではないことが、お分かりだと思います。

法人カードを持っている方しか得ることができない特権ですし、気になる方は業者を選ぶ際に法人特典があるか聞いてみるといいでしょう。

メリット③ 融資を断られた方でも大丈夫!

事業を始めたばかりの方や、経営がうまくいっていない方だと銀行に融資を申し込んでも断られてしまう可能性があります。
しかしクレジットカードの現金化は審査が必要ありません。
そのため借金があっても、また事業が行き詰まっていても問題なく現金化を行うことができるのです!

メリット④ 借金にならない

クレジットカードの現金化は借金とは違います。
法人の方が借金をしてしまうと、会社の信用情報にヒビが入ってしまいます。
会社の信用がなくなると、融資が受けられない、取引先に契約を解除されたなどの悪影響が考えられます。

しかし、クレジットカードの現金化は借金ではないため、利用をしても信用情報にキズがつくことはありません。
もちろん、クレジットカード の現金化を利用したことで事業のほうに悪影響が及ぶことも絶対にありません。
経営資金に困り、最後の手立てとして借金をしようかと悩んでいる事業主の方には是非ともクレジットカード の現金化を利用することをおすすめします!

法人クレジットカード現金化の注意点

会計処理をする様子良いことずくめに思える法人カードでの現金化ですが、果たしてデメリットはあるのでしょうか。
デメリットでは無いものの、1点だけ注意点を挙げるとするならば、現金化した分のお金の名目をどう経費として計上するかは事前に考えておく必要があります。

現金化で得られるお金の額は決して少なくはありません。
特に法人カードは利用限度額が大きいため、多くのお金を現金化することが可能です。
そのため急に用途不明、出どころ不明の大金があったら、社員や周囲の人に怪しまれるのは当たり前でしょう。
したがって現金化で得たお金の名目をどのようにするか、事前に考えておく必要があるのです。

ですが、優良な現金化業者を利用すれば、現金化をして得るお金を融資として渡してくれることがあります。
現金化で得たお金の経費の名目に困ったら、是非とも法人に優しい現金化業者を利用すると良いでしょう。

本当にあった怖い話 ”黒字倒産”

社内会議をする様子「勘定合って銭足らず」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。
事業を営む人、会社を経営している人にとってキャッシュフローは常に確認しなければいけないものです。
キャッシュレス化が進む昨今だからこそ、なおさら会社にある現金のストック量が大切になってきます。
収入が支出を上回っている黒字経営なのに倒産してしまう、いわゆる黒字倒産は会社を経営する人にとっては他人事ではありません。
それどころか、誰にでも起こり得る可能性があるので注意が必要です。

黒字倒産とは、会社が倒産するとは借入金や仕入れ金といった債務の支払いが不可能になり、会社が経営できなくなる、会社を維持できなくなる状態のことを言います。
利益が出ているにも関わらず倒産してしまう黒字倒産とは会社の自己資本金が無くなる、つまり会社が保有している現金が無いことが原因で起こる事です。
現金の出入りのタイミングと会計上の利益を計上するタイミングがずれていることで、キャッシュフロー上は利益は出ているにも関わらず、現金が手元になくなってしまうのです。

黒字倒産を防ぐにはキャッシュフロー上の利益だけでなく現金にも注意を払うことが大事です。
利益に比べるとキャッシュ(現金)の管理はおろそかになりがちですが、実は事業を経営する上でキャッシュは利益よりも大切なのです。
とはいっても、そんな簡単に現金を一定量保持し続けられたら話は楽ですよね。
現実問題として、会社を経営する上で急な入り用で金庫のお金に手をつけざるを得ないなんてことは日常茶飯事に起こり得ます。

そんなときにもクレジットカードの現金化は有用なのです。
現金化で得られるお金は文字通り現金のお金です。
クレジットカードの現金化で常に一定量の現金化を確保することができれば黒字倒産に陥ることはありません。
もし手元に現金がなくなってしまい、急な支払いに窮してしまってもクレジットカードの現金化を利用すれば、すぐにお金を得ることも可能です。

黒字倒産を防ぐためにクレジットカード の現金化を利用するのは非常に賢い方法と言えるかもしれません。

最後に

キーボードいかかでしたでしょうか。
法人カードで現金化を行うことは事業主の方にとって、最強の資金調達方法と言えるかもしれません。

また、考えたくは無いことかもしれませんが、会社を経営する上で倒産後のリスクについても頭に入れた置かなければなりません。
会社倒産後に最も長引く問題が会社に残っている借金です。
勘違いされている方は多いですが、破産したからといっても、借金が全てゼロになるわけではありません。
破産しても免責不許可だと、支払いの義務は半永久的に存在し続けるのです。
そうなると残された社員に退職金や失業手当を渡すこともままなりません。
会社を倒産させないために、倒産後に問題を大きくしないためにも事業主の方はクレジットカード 現金化の常に選択肢に入れる必要あるのです。

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING

クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして頂ければと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事