ステータスカードでクレジットカード現金化をするメリット・デメリット

2018年11月28日クレジットカード現金化の注意点と安全性

ステータスカードで現金化!

クレジットカードの現金化は無審査で即日でお金を手にすることができるサービスです。

しかしながらその有用性とは裏腹に、クレジットカードの現金化はカード会社の利用規約上禁止されています。
そのため万が一、カード会社に現金化が発覚してしまうとクレジットカードが利用停止になったり、分割払いの返済額を一括返済しなくてはいけなかったり、強制退会となるなどのリスクがあります。

カード会社がクレジットカード現金化を禁止するリアルな本音とは?
クレジットカード現金化がカード会社に発覚したときのペナルティ

そこで気になるのが、ステータスカードと呼ばれる通常のクレジットカードよりもランクが高いとされるクレジットカードで現金化を行う場合です。

ステータスカードにはキャッシング機能がついていないことが大半であり、キャッシングによってお金を得ることができないという方はたくさんいらっしゃるでしょう。

そんな「キャッシング枠がない」という方でもクレジットカードさえ持っていればお金を手にすることができる、救世主とも呼ぶべきサービスがクレジットカード枠現金化です。

とはいえ限られた人しか持つことができないステータスカードで現金化を行うことに、不安があるのは無理もありません。
果たしてクレジットカード現金化にステータスカードを用いることは、メリットやデメリットがあるのでしょうか?

ステータスカードとは?

3つの種類のiPhoneを見せる人

ステータスカードとは社会的地位が高い高所得者や富裕層といった方のみが持つことができるクレジットカードです。

一定の収入や地位がないと持つことは許されず、ステータスカードを持っていることで周囲の人から羨望を集め、賞賛を受けることもあります。

ステータスカードにもランクがあり、ゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードなどに分けられます。
またステータスカードは年会費が数万円であったり、限度額が数百万円、ポイントの還元率が高い、海外旅行保険やホテル・レストランの優遇などのプライオリティがついていたりと、一般的なクレジットカードにはない特徴を多く持っています。

海外ではクレジットカードのステータスがその人個人の信用力を示す手段であり、身分証明書代わりになるほど効力を持つものです。

ステータスカードはクレジットカード現金化に有利?

クレジットカードの現金化を行う現金化業者は女性限定プラン、初めて利用する方向けの割引プラン、法人限定のキャンペーンなど多くの特典を設けていますが、残念ながらステータスカード専用の割引プラン・キャンペーンはありません。

しかし初めての利用者であったりや女性・法人など他のプランを利用することは可能ですので、利用する際には現金化業者に問い合わせてみましょう。

またステータスカードは一般的なクレジットカードよりも利用限度額が大きいため、クレジットカード現金化できる金額が大きくなります。

業者によっては現金化する金額によって換金率を高くしてくれる業者が存在しますので、高額なクレジットカード現金化を希望する際には換金率が高くなることが期待できます。

加えてステータスカードで現金化を行う場合、カード会社に現金化が発覚しづらいというメリットがあります。

前述のとおり、クレジットカードの現金化はカード会社の利用規約上で禁止されています。
そのためカード会社は現金化が行われていないかどうか、日々利用者のクレジットカード決済や利用状況などをチェックしています。もしもキャッシングを利用している方やクレジットカードの返済遅延を起こしている方が現金化によって高額なクレジットカード決済を行ってしまうとカード会社に現金化が怪しまれてしまいます。

しかしステータスカード保有者は高所得者であったり高い地位についている方が多いため、いきなり高額なクレジットカード利用があったとしてもカード会社に怪しまれることはありません。

したがってステータスカードを現金化する場合は一般的なクレジットカードを現金化するよりもカード会社に現金化が発覚するリスクが低くなります。

ステータスカードを現金化する際の注意点&リスク

ステータスカードを現金化する場合、カード会社に現金化が発覚するリスクは一般的なクレジットカードよりも低くなりますが、それでもゼロというわけではありません。

もしも運悪くステータスカードで現金化を行なったことが発覚した場合、ステータスカードを失ってしまいます。

最初にも述べたとおり、ステータスカードは個人の社会的信用と同義です。したがってステータスカードを失うということは社会的信用を失ってしまうことになります。

またカード会社はクレジットカード現金化を厳しく取り締まっているため、ステータスカードで現金化が発覚してしまうと二度とステータスカードを作れないばかりか一般的なクレジットカードを作ることも許されないかもしれません。

ステータスカードで現金化をする際にはこのようなリスクがあるということは、頭に入れておく必要があります。

クレジットカード現金化は家族・職場にバレる?注意すべきケースとは
要注意!クレジットカード現金化がバレるのはこんな人

不安な方は一般カードでクレジットカード現金化をしよう

野球部のマネージャー

ステータスカードで現金化をし、ステータスカードを失うのが嫌だという方で、もしも一般カードも所有しているのであれば一般カードを現金化に使用するようにしましょう。
高額なお金が必要であれば別ですが10万円程度のお金であれば一般カードで現金化を行った方が無難であると言えます。

また万が一、現金化業者が詐欺業者や悪徳業者であった場合、ステータスカードの情報を不正に盗まれてしまう可能性があります。
ステータスカードであることはクレジットカードを見れば一目瞭然で、利用限度額が大きいステータスカードは悪徳業者からすると恰好の標的です。

悪徳業者に騙されてカードを不正利用されてしまった場合はカード会社の補償適用外となってしまうのでステータスカード で現金化を行う際には悪徳業者に気をつけましょう。

もっと不安な方は優良現金化業者を利用しよう!

それでもステータスカード以外にクレジットカードを持っていない、数百万円といった高額なお金が必要という場合で、どうしてもステータスカードで現金化をせざるを得ないこともあるでしょう。

そんなときは優良現金化業者でクレジットカードの現金化を行うようにしましょう。

優良な現金化業者を利用すれば、安心ですしカード情報を不正入手される心配はありません。