三枚のクレジットカード

ポイントを使った新しい現金化の方法がネットニュースに取り上げられたことで注目を集めています。この新しい現金化の方法は今後も使われることはあるのでしょうか?また気になるその方法とは?

新たなクレジットカード現金化の方法が出現?

びっくりして口をふさぐ女性

2018年の7月28日に格安航空会社(LOC)のピーチ・アビエーションが航空機購入に使うことができる「ピーチポイント」クレジットカード現金化に使われているということを発表し、消費者に注意喚起を出したというニュースが報じられました。

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは28日、航空券購入に使う「ピーチポイント」が、不正なクレジットカードで購入され、インターネットのオークションサイトに出品されていたと明らかにした。ポイントを現金化するためとみられる。

同社によると、昨年10月、カード決済の代行会社から不正利用されたクレジットカードでポイントが購入されていると報告があり、該当するポイントの使用を停止。同様のケースが約600件あり、一部がオークションサイトに割安な価格で売り出されていることを確認した。

今までもクレジットカードの現金化にはギフト券を使った現金化の方法など、様々な手法が編み出されては消えていっています。
現在、現金化の方法として主流なのは「商品買取方式」と「キャッシュバック方式」の2つです。
「商品買取方式」とは、現金化業者が販売している商品を利用者が購入し、今度は業者が利用者から商品を購入するという現金化の方法です。
業者が商品を購入した際に支払う代金が、現金化されたお金となります。
「キャッシュバック方式」とは利用者が業者に指定された商品を購入し、その際にキャッシュバックとしてお金が渡されるという現金化の方法です。
今回、新たに出現した「ポイント」を利用したショッピング枠の現金化はこれら2つの間に割って入る、メジャーな現金化の方法となっていくのでしょうか?
本記事ではポイントを利用した現金化の方法や発覚に至った経緯、今後の可能性などを簡単に解説していきます!

「ポイント」のクレジットカード現金化とは?

携帯電話とクレジットカード

最初にピーチ・アビエーションのポイントを利用した現金化の方法について説明していきたいと思います。
まずピーチ・アビエーションでは航空の予約キャンセルなどを行った場合、「ピーチポイント」が付与されます。
このピーチポイントはピーチ航空でのチケット購入や座席オプションなど、各種支払いに利用することができます。
ここでの要点はピーチポイントがネットバンキングやコンビニなどから、クレジットカードを利用して購入できるという点です。
購入したピーチポイントを、ピーチポイントを欲しいという方に売ることができれば、クレジットカードの現金化に成功したことになります。
これがピーチポイントを利用したクレジットカード現金化の方法で、ピーチ・アビエーションによると2017年の10月頃から2018年の7月までで約600件の現金化が行われていたようです。

なぜ発覚してしまったのか?

このポイントを利用したショッピング枠の現金化がいつ頃から行われていたのかはわかりませんが、一体なぜ今回このような形で明るみなってしまったのでしょうか?
ニュースを報じた産経ニュースによると、ポイントがネットオークションで売られていたことと、過去に不正利用されたクレジットカードであったため不審に思った決済代行会社がピーチ・アビエーションに報告をしたことが理由として書かれています。
やはりと言うべきか、過去に不正利用されたクレジットカードは決済会社から厳しく監視がされているようです。
クレジットカード現金化をする際にはそのようなカードを使わないように気をつけましょう。

今後ポイントのクレジットカード現金化は主流となる?

考え込む女性

今回明るみになったポイントを使った新しいクレジットカード現金化の方法ですが、今後主流の現金化方法となるのでしょうか?
結論から言うと、この方法が主流となることはまずないでしょう。
その理由としては2つ、考えられます。

換金率が低い

ネットオークションに売り出されていたピーチポイントは本来の価格よりもはるかに安く価格がつけられており中には半分の価格で取引されていたものもありました。
ピーチポイントを購入する人からすると嬉しいことですが、クレジットカードの現金化をしようとする人は不本意だったでしょう。
これはつまりどういうことかと言うと、ポイントを使ったショッピング枠の現金化は換金率が低い、ということです。
そもそもオークションで売られているポイントの価格が本来の価格よりも高かったら購入する人はいません。
したがってポイントのクレジットカード現金化で換金率100%を実現するのは不可能です。
とはいえ元の価格の80%くらいで販売するなら買い手は見つかりそうですし、そうすれば70〜80%が換金率の相場と言われる現金化業者を利用するよりも高い換金率を達成することができます。
…果たして本当にそうでしょうか?

ポイントの転売・第三者の利用はできない!

今回のピーチポイントの場合もそうですが、そもそもポイントの多くは転売をすることを禁止されています。
さらに元々のポイントの保有者以外の人がそのポイントを利用することはできず、ピーチ航空では友達の航空券をポイントを使って購入してあげる、ということすら不可能となっています。
したがって今回の件でいえば、オークションによってピーチポイントを購入した人は安くポイントを買うことができたと思ったものの、実際にポイントを使うことはできなかったでしょう。
安く買えても使えなかったら意味がなく、元の価格の80%くらいで販売したとしても次第に買い手はいなくなってしまいます。
以上の2つの理由によって、ポイントのクレジットカード現金化は今後主流にはならないと言うことができます。

クレジットカード現金化業者を利用しよう!

笑顔で電話する女性

画期的と思われたポイントを利用したクレジットカードの現金化は上手く行かないということがわかりました。
したがってクレジットカードの現金化によってお金を手にしたいという方は専門の業者を利用するようにしましょう。
現金化業者を利用すれば、高い換金率で現金化をすることができますし、今回のように発覚してニュースになってしまうこともありません!
最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING

クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…という方、手っ取り早く優良業者を知りたい!という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして頂ければと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事