キャリア決済枠現金化がバレる・疑われる人の特徴とは?

2020年8月23日携帯キャリア決済の現金化を解説

疑う人

キャリア決済枠現金化は、違法ではありませんが法的にはグレーサービスです。

またキャリア会社は現金化目的のキャリア決済枠の利用を認めてはおらず、もしもキャリア会社に現金化行為がばれてしまうとスマートフォンの利用停止といった厳しいペナルティーをかせられてしまう可能性があります。

そのためキャリア決済枠現金化を行う際には、キャリア会社に疑われないようにバレないように行わなければいけません。

そこで本記事では、キャリア決済枠現金化を疑われることなく安全に行う方法を詳しくご紹介します。

キャリア決済枠現金化は違法ではないがリスクが高い

まず初めに、結論から言えば、キャリア決済枠現金化は違法行為ではありません。

利用したからといって、起訴されたり法的な処分が課せられるわけではありません。

しながらキャリア決済枠現金化行為は、携帯会社の利用規約に反する行為です。

仮にキャリア決済枠現金化行為が携帯会社にばれてしまうと、厳しいペナルティーが待ち受けています。

キャリア決済枠現金化がばれたときのペナルティー

続いて、キャリア決済枠現金化がキャリア会社にばれてしまったときにどのようなペナルティーがあるのかについて詳しく見ていきましょう。

①携帯電話が利用停止になる

キャリア決済枠現金化が携帯会社にばれてしまうと、真っ先に考えられるのはスマホの利用停止です。

利用規約に反する行為を行ったとして、携帯電話が強制的に使えなくなってしまいます。

現代において、スマートフォンはもはや生活必需品です。

そのスマートフォンが使えなくなると、仕事だけでなく人間関係にも大きな支障をきたしてしまいます。

携帯電話が利用停止になると言うのは、クレジットカードが強制退会になるよりもよっぽど厳しいペナルティーであると言えるでしょう。

②一括返済を命じられる

続いて考えられるペナルティーは、携帯電話料金の一括返済です。

割賦販売となっている携帯電話の購入代金からキャリア決済の利用代金、これまでに滞納している電話料金等全ての料金の一括返済を求められます。

人によっては数万円から100,000円程度の高額な金額になってしまうでしょう。

一括返済が終わった後には、スマートフォンが利用停止になってしまうことも考えられます。

③ブラックリスト入り

携帯会社は、支払いに遅れている方やその他現金化の疑いがある方等をまとめてブラックリストを作成しています。

キャリア決済枠現金化行為は、当然ながらブラックリスト入りになる大きな要因です。

携帯会社が定めるブラックリストに追加されてしまうと、今後携帯電話を購入することができなくなったり、キャリア決済枠が利用停止になってしまうことも考えられます。

また携帯会社によっては、個人の信用情報に記録することもあるため、十分な注意が必要です。

キャリア決済枠現金化はばれる可能性があるのか?

怪しいお金

キャリア決済枠現金化がばれてしまうとどのようなリスクがあるのかについて解説してきました。

それでは実際に、現金から携帯会社にばれてしまう危険性があるのかどうかについて見ていきましょう。

基本的にはバレない

結論から言えばキャリア決済枠現金化行為が、携帯会社にばれる心配はほぼありません。

事実、携帯会社にキャリア決済枠現金化行為がばれてペナルティー処分を科せられたと言う方はほとんどいらっしゃいません。

その理由は、現金化を行う際にはAmazonギフト券やiTunesカード等のギフト券を購入するからです。

Amazonギフト券iTunesカードを携帯キャリアバンク決済枠で購入し、買取業者に販売することで現金化を行うことができます。

キャリア会社は購入されたギフト券がどのようなルーツを辿ったのかについては知ることができません。

購入したギフト券をそのままショッピングに使用したこと可能性もありますし、すぐに金券ショップなので監禁した可能性も考えられます。

いずれにせよ、携帯会社は購入されたギフト券がどのような利用をされたのかについてチェックすることは不可能なのです。

そのため携帯キャリア決済枠を現金化したとしても、キャリア会社にばれる心配はありません。

ギフト券を使用すれば、キャリア会社にばれる心配なく安全にお金を手にすることができます。

キャリア決済枠現金化がばれる人の特徴

基本的に現金化行っても、キャリア会社にばれる心配はありません。

しかしながらキャリア決済枠、現金化行為を行うのではないかキャリア会社に目をつけられている方が現金化行ってしまうと、すぐにタイヤ会社にばれてしまう可能性があります。

続いてどのような方がキャリア決済枠現金化がばれてしまうのか、その特徴について解説していきます。

①携帯電話料金を滞納している

携帯電話料金を今現在、もしくは過去に滞納したことがある方の場合、お金に困っているとみなされ、現金化の疑いが強くかけられています。

そのためギフト券等の換金率が高い商品を購入すると、キャリア決済枠現金化疑われてしまうので注意してください。

②毎月のようにギフト券を購入している

キャリア決済枠現金化目的で毎月のようにギフト券を大量に購入していると言う方も注意が必要です。

ギフト券を大量に購入していると言う行為自体が不自然であるため、現金化持ってきてギフト券を購入しているのではないかと疑われてしまいます。

キャリア決済枠現金化は金欠の時に便利なサービスですが、毎月のように利用するのは控えた方が良いでしょう。

手数料も高いため、最終的には携帯電話料金が支払えずにスマホが利用停止になってしまうことも考えられます。

③金融ブラックになっている

携帯会社は割賦販売のために、個人の信用情報にアクセスすることができます。

そのため過去に債務整理や支払い滞納等を行ってしまい、金融ブラックになってしまっている方を把握することができます。 携帯会社は割賦販売のために、個人の信用情報にアクセスすることができます。

そのため過去に債務整理や支払い滞納などを行ってしまい、金融ブラックになってしまっている方を把握することができます。

金融ブラックになっている方は、正規の金融機関から借り入れを行うことができません。

そのためブラックでも利用できる検索のクレジットカード現金化や携帯キャリア決済は現金化に手を出す可能性が高いと思われています。

したがって金融ブラックになってしまっている方が、携帯電話で高額な商品やギフト券などを購入するとキャリア決済枠現金化が怪しまれてしまいます。

携帯会社に疑われた場合の対処法

携帯会社に現金化行為が疑われた場合、当該の商品購入に関して質問の電話がかかってきます。

購入した商品と購入した目的を聞かれますので、疑われないようによどみない回答をするようにしましょう。
携帯会社の訴求を交わす答えとしては、

「友人や家族へのプレゼントとしてギフト券を購入した」
「結婚式の二次会の景品としてギフト券を大量に購入した」

などの回答がお勧めです。

これならば決して不自然ではありませんし、キャリア会社はそれ以上追及をすることができません。

反対に、不自然な回答をしてしまうと現金化の疑いが強くなりより厳しく過去の決済状況などをチェックされしまいますのでご注意ください。

まとめ

はてなマーク

現金化は、違法ではありませんが法的にはグレーサービスです。

またキャリア会社は現金化目的のキャリア決済枠の利用を認めてはおらず、もしもキャリア会社に現金化行為がばれてしまうとスマートフォンの利用停止といった厳しいペナルティーをかせられてしまう可能性があります。

そのためキャリア決済枠現金化を行う際には、キャリア会社に疑われないようにバレないように行わなければいけません。

特に、スマートフォンの使用代金を滞納していることや過去に債務整理を行っている方、ギフト券を大量に購入している方はキャリア会社に現金化が疑われてしまっているのでご注意ください。

キャリア会社に現金化行為がばれるのが不安と言う方は、事前にキャリア会社に現金化が疑われた場合の対処方法や言い訳を考えておくことをおすすめします。

また安全に現金化を行いたいのであれば、信頼できる優良業者を利用するようにしてください。