クレジットカード現金化はメールだけあれば利用できる?現金化するまでの流れから検証してみた

クレジットカード現金化の基本的な流れ

メールを指差すヒト

クレジットカード現金化業者を利用する際には、換金率や手順の説明、本人確認のために現金化業者と電話でのやり取りをする必要があります。

しかしながら

「クレジットカード現金化を利用することを誰にもバレたくない…」
✅「仕事やパートが忙しくて、現金化業者との電話対応ができない… 」
✅「現金化業者と電話をするのは不安…」

とお考えの方は多いでしょう。

そこで本記事では、メールだけでクレジットカード現金化の取引をすることは可能なのか、現金化の流れやデメリットなどを踏まえて解説していきたいと思います。

クレジットカード現金化の流れからメールだけでの取引は可能か検証

メール

実際に現金化業者を利用する際の流れから、クレジットカード現金化がメールだけで可能かどうか検証してみましょう。

また現金化業者をご利用する際に、必要なものは別記事をご参考にしてください。

【関連記事】クレジットカード現金化に必要な身分証をご利用時の流れから解説

①申し込み

まずは現金化業者にクレジットカード現金化の申し込みをしましょう。

申し込み方法は現金化業者の公式サイト上から、申し込みフォームを入力することで行うことができます。

その際に、申し込みフォームにある「要望」欄に、「電話のみの対応希望」と書いておきましょう。

②現金化業者とメールでやり取り

申し込みフォームの送信後、現金化業者から折り返しで連絡がきます。

この連絡の目的は、2つあります。

それは本人確認とクレジットカード現金化に関する詳しい説明です。

本人確認の方法は用意した身分証の写真をメールに添付して、送信すれば行うことができます。

またクレジットカード現金化に関する詳しい説明では、取引方法や換金率、入金時間、カード決済の方法などを伝えられます。

利用者自身からも、希望するショッピング枠の現金化金額や、振込先銀行口座の指定などを現金化業者に伝えます。

本来ですと、これらのやり取りは電話で行われます。

ですが、現金化業者とのやり取りですので、メールだけでも行うことは可能です。

③クレジットカードの決済

現金化業者に指定されたページやショッピングサイトで、クレジットカードの決済を行います。

決済終了後、現金化業者に決済完了の旨をメールで伝えましょう。

関連記事】クレジットカード現金化の注意点! 悪用されないように安全性を確かめよう

④現金化業者からの入金&商品の送付

カード決済後、手数料が引かれた金額が指定した銀行口座に入金されます。

丁寧な現金化業者ですと、入金の連絡がメールで行われます。

入金が行われた時点で、クレジットカード現金化は終了です。

利用者の方からも、メールで入金を確認したこととお礼を伝えるようにしましょう。

結論:メールだけでのやり取りは可能だが…

ご覧になってお分かりの通り、メールだけでのやり取りだけでクレジットカード現金化をすることは可能です。

ただ実際の取引においては、メールだけでのやり取りというのはなく、現金化業者と電話でのやり取りが必須となります。

現金化業者によっては、申込フォームに

「電話での対応になりますが、よろしいでしょうか?」

といった確認項目を設けており、「いいえ」を選択してしまうと利用することができません。

ただ現金化業者が電話での対応を義務付けているのには、理由があります。

次に解説して参ります。

クレジットカード現金化で電話対応が必須な理由!

コンタクト

もしもメールだけでのやり取りですと、現金化業者はイタズラ目的での申し込みではないか、詐欺ではないかと疑ってしまいます。

電話確認がないと、申込者が本当に日本人なのか実在するかといったことも確認できません。

つまり電話でのやり取りが必須な理由は、現金化業者と利用者の安全のためなのです。

またメールだけでの取引に応じてくれる現金化業者もいないことはありませんが、それはすでに利用経験があり、お互いに信頼関係がある場合のみです。

初回利用時では、メールだけでのやり取りをするのは不可能でしょう。

またメールだけでのクレジットカード現金化はデメリットもあります。

次にメールだけでクレジットカード現金化を行うデメリットを見ていきましょう。

デメリット①やり取りに時間がかかる

クレジットカード現金化の手順の説明や、銀行口座の指定などは通常、電話で行われます。

電話であれば、現金化業者と利用者のやり取りは簡単に行うことができます。

しかしながらメールでの取引ですと、一々メールの送受信をしなければいけないため、時間がかかってしまいます。

クレジットカード現金化は申し込みから最短10分~20分程度でお金を手にすることができるというメリットがありますが、メールだけでのやり取りではもっと時間がかかってしまうでしょう。

デメリット②対応を後回しにされる

もしもメールだけでのやり取りを希望する人と、電話でのやり取りが可能な人が両方同時に申し込みをしたとしましょう。

現金化業者からすると、不確実なメールやり取りよりも確実性が高い電話やり取りの方を優先してしまいます。

そのためメールだけでやり取りを希望するとなると、対応を後回しにされてしまうかもしれません。

「今すぐにお金が必要…!」

という状況であれば、電話でのやり取りでクレジットカード現金化をしたほうがいいでしょう。

現金化業者と電話するのは不安…という方のための裏ワザ

contact-us

クレジットカード現金化業者を利用する場合、現金化業者との電話やり取りは必須と考えたほうがいいでしょう。

しかし中には、

「現金化業者と電話するのは不安…」
「現金化業者に電話番号を伝えたくない…」

という方もいらっしゃるかと思います。

そんな時に知っておくと役立つ裏ワザを次にご紹介します。

①IP電話アプリを活用する

IP電話アプリをご存知でしょうか?

簡単に説明すると、IP電話とはインターネット上の電話回線のことで、無料のアプリをインストールすることで使うことができます。

IP電話アプリでは、050から始まる全く別の電話番号を取得することができます。

電話番号は全く別ですが、お手持ちの携帯電話で普段通りに通話をすることが可能です。

このIP電話番号を取得し、現金化業者とのやり取りに活用しましょう。

そうすれば自分の本当の電話番号を現金化業者に教える必要がありません。

万が一相手が悪徳業者で、電話番号が流出してしまっても、アプリを削除してしまえば、それ以上電話をすることは不可能ですので、安心です。

②ボイスチェンジアプリを使う

無料のボイスチェンジアプリというものも、存在します。

ボイスチェンジアプリを使えば、電話の際にご自身の声を変えることができます。

現金化業者と会話をするのは不安…

という方は、ボイスチェンジアプリを使えば、安心して会話ができるでしょう。

まとめ

クレジットカード現金化業者を利用する場合、

「スピード」と「安全性」

の観点から電話でのやり取りが必須です。

メールだけでのやり取りも不可能ではありませんが、初回利用ですと難しいでしょう。

ただ現金化業者と電話でやり取りをすることを、必要以上に不安がある必要はありません。

実際のやり取りにかかる時間は3~5分程度ですし、オペレーターも女性の方が多いため、安心して話すことができます。

それでも不安…という方は、顧客対応に定評がある以下の現金化業者をご参考ください。

メールだけでのやり取りを希望しても、対応が優れているため受け入れてくれることが期待できます。

ナンバーワンクレジット

ナンバーワンクレジット
ナンバーワンクレジットの特徴

ナンバーワンクレジットは実績と信頼性を兼ね備えた優良クレジットカード現金化業者です。ナンバーワンという名前の通り、クレジットカード現金化をするのに最適な現金化業者と自信を持ってオススメすることができます。

換金率・還元率 98.8%(最大)
現金化までのスピード 最短5分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

ギフトキャッシュ

ギフトキャッシュ
ギフトキャッシュの特徴

クレジットカード現金化サービスを行う「ギフトキャッシュ」は、「換金率」・「リピート率」・「法人利用率」の3つの項目で業界実績No. 1を達成した優良現金化業者です。数ある現金化業者のどれを選んだらいいのか迷ったときに、選んで間違いない現金化業者として知られています。

換金率・還元率 91%~99.2%
現金化までのスピード 最短10分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

24キャッシュ

24キャッシュ
24キャッシュの特徴

クレジットカードの現金化サービスを行う「24キャッシュ」では、その店名の通り24時間現金化サービスの申し込みを受け付けている事から由来されています。初めて現金化をご利用になるお客様に対しても親切にサポートを行う会社です。換金率や対応のスピードも良く、ご利用者の口コミでも良い評判が多いのが特徴です。

換金率・還元率 87%~98.8%
現金化までのスピード 最短10分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休