クレジットカード現金化で個人情報は伝えるべき?必要な情報を解説

クレジットカード現金化の基本的な流れ

鍵を持ってパソコンから出てくる人

クレジットカード現金化をするには、現金化業者に個人情報を伝えなければいけません。

しかしながら、違法ではないものの法的にグレーな現金化業者に個人情報を教えてもいいのでしょうか?

  • クレジットカード現金化業者に個人情報を教えても大丈夫なの?
  • 教えるべき個人情報は何?
  • 現金化業者に個人情報を教えるのは不安…

本記事では、クレジットカード現金化の個人情報にまつわる疑問を解決すべく、分かりやすく解説して参ります。

クレジットカード現金化で個人情報が必要な理由とは?

南條鍵

クレジットカード現金化では本人確認のために、個人情報が必須となります。

その理由は、主に2つあります。

  • なりすましや、カード盗難を防ぐため
  • 古物営業法で本人確認が必須と決められているから

順に解説して参りましょう。

①なりすましやカード盗難を防ぐため

クレジットカード現金化はカードさえあれば審査不要で誰でも簡単にお金を手にすることができます。

ですが、もし仮にクレジットカード現金化に本人確認がない場合、拾ったカードで現金化を行う人が増えてしまうでしょう。

さらにはお金欲しさに、他人からクレジットカードを盗んで現金化を行う人も現れてしまいます。

そのようなトラブルや、なりすまし・カードの盗難を防ぐために現金化では、本人確認が必須であり、そのためには業者に個人情報を伝えなければいけません。

②古物営業法で決められている

クレジットカード現金化では、現金化業者と利用者が商品を売買することによって、成立しています。
ここでの商品売買は、法律上「古物取引」に該当することになります。

古物とは一度使用された品物、一度誰かに所有された物のことです。たとえ新品な状態であっても、一度売買などで取引された物品は法律上は古物扱いとなります。

古物は売買されるときに窃盗の被害品が含まれる可能性が高いことから、取引のために古物営業法という法律が存在します。

古物営業法によると、古物を売買する者同士が対面しない(非対面取引)場合には、なりすましを防ぐため、身分を確認する義務があると規定されています。

クレジットカード現金化も古物取引に該当するため、現金化の際には身分確認が必須となるのです。

現金化業者に伝えるべき個人情報とは?

フェイスブックとツイッター

クレジットカード現金化で、業者に個人情報を伝える必要性がお分かりいただけたでしょうか?

それでは次に、クレジットカード現金化で必要な個人情報を一個ずつ解説していきましょう。

また併せて、クレジットカード現金化の流れの記事もご確認ください。

①名前

本人確認をするために、申込者の名前は必須です。
必ず、利用者本人の名前を伝えるようにしましょう。

②住所

クレジットカード現金化で使われる商品を発送するために、必要となります。

ただ厳密には、自宅の住所である必要はありません。

商品を受け取る場所なので、コンビニや郵便局の住所でもOKです。
自宅の住所を現金化業者に伝えたくないという方は、そのようにしてください。

③メールアドレス

現金化業者とのやり取りのために必要となります。
普段使いしているメールアドレスでも、現金化用に作った使い捨てアドレスでも構いません。

ただ確実に連絡が取れるようにしておきましょう。

④電話番号

こちらも現金化業者との連絡のために必要となります。

現金化業者に電話番号を伝えるのは不安…という方は050の番号が取得できるIP電話アプリを活用しましょう。

詳しい説明は省きますが、IP電話を利用することで、現金化業者に本当の電話番号を伝える必要がなくなります。
もちろん自分の携帯電話で電話ができるため、安心性が高いと言えるでしょう。

⑤銀行の口座番号

個人情報に含めるには広義かもしれませんが、現金化したお金を手にするためには銀行の口座番号も伝える必要があります。

ただ、銀行の口座番号を現金化業者に教えたとしても、特に不都合なことはありません。
キャッシュカードや通帳・印鑑がなければ第三者にお金を引き落とされることはありませんし、犯罪に利用されるという心配も不要です。

必要な個人情報のまとめ

クレジットカード現金化で、現金化業者に伝えるべき個人情報は上記の通りです。

ご覧になってお分かりの通り、実際に正しい情報を伝えなければいけないのは「利用者の氏名」だけです。

住所やメールアドレス、電話番号などは工夫次第で隠すことができます。
現金化業者に個人情報を伝えるのは怖い…という方は、是非とも解説した方法で現金化を行なってください。

不必要な個人情報を聞いてくる業者には要注意!

薄暗い廊下

クレジットカード現金化で業者に伝えるべき個人情報は上記のみです。

逆に言えば、上記以外の個人情報を聞いてくる現金化業者には要注意です。

例えば勤め先の会社や、家族構成、現在の借金の有無や残高など、これらの情報は詐欺・闇金業者にとっては有益になります。

「本人確認のために必要」
「消費者金融同様、会社に在籍確認をします」

などと言葉巧みに個人情報を聞き出そうとしてきますが、絶対に教えてはいけません。

そもそもクレジットカード現金化は審査がないため、在籍確認やその他の余計な個人情報は不必要なのです。

カード情報だけは絶対に教えてはいけない!

仮に優良現金化業者であったとしても、間違ってもクレジットカードの番号や有効期限は伝えてはいけません。

特にセキュリティーコードや暗証番号を知られてしまうと、そのカードを不正利用し放題となってしまいます。

カードのキャッシング枠一杯までお金を借りられ、ブランド品などを購入されてしまうでしょう。

申し込み時に、カード情報を聞かれたら、即刻利用をキャンセルしましょう。

クレジットカード現金化では、カード決済は利用者自身が行います。

「決済は業者側で行います」
などという言葉に騙されてはいけません。

もしも個人情報が流出してしまうと…

もし仮に個人情報が流出してしまうと、詐欺や闇金などのターゲットにされてしまう恐れがあります。

例えば住所氏名が流出してしまうと、闇金や詐欺師からダイレクトメールが届くようになったり、融資を持ちかける電話や連絡が来るようになってしまいます。

上記はほんの一例で、世の中にはあらゆる詐欺が横行しているので注意が必要です。

最近はフェイスブックやGoogleなど大手IT企業でも個人情報の流出が社会問題になっている時代です。
日本でも森永乳業や日本年金機構、ベネッセなどが個人情報流出をしてしまい、大きな騒ぎになっています。

現金化のみならず、常日頃から個人情報の取り扱いには注意するようにしましょう。

クレジットカード現金化で個人情報が流出することはある?

多くの方が不安に思うことですが、結論から言ってしまえば、優良現金化業者を利用すれば個人情報が詐欺師などに流出してしまうことはありません。

現金化サービスは顧客ありきの商売です。

現金化業者にとっては、個人情報を名簿屋などに売り払うよりは、厳重に管理し、再び自社を利用してもらう方がよっぽど儲けになります。

そのためきちんと実績がある優良現金化業者ならば、個人情報が流出してしまうことは絶対にあり得ません。

「それでも不安…」

という方は、現金化業者のサイトに書かれている「個人情報の取り扱い」や「個人情報保護」という項目に目を通して見ましょう。

個人情報取扱

例えば優良業者である「ナンバーワンクレジット」の場合は、利用者の個人情報をきちんと保護すると書かれています。
このような業者ならば、安心して利用することができます。

個人情報は厳重管理!優良業者をご紹介!

最後に、当サイトが厳選した優良業者をご紹介します。
どの業者も前述の個人情報保護がきちんとサイトに明記されており、利用者のプライバシー保護が厚いことで有名です。

ナンバーワンクレジット

ナンバーワンクレジット
ナンバーワンクレジットの特徴

ナンバーワンクレジットは実績と信頼性を兼ね備えた優良クレジットカード現金化業者です。ナンバーワンという名前の通り、クレジットカード現金化をするのに最適な現金化業者と自信を持ってオススメすることができます。

換金率・還元率 98.8%(最大)
現金化までのスピード 最短5分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

ギフトキャッシュ

ギフトキャッシュ
ギフトキャッシュの特徴

クレジットカード現金化サービスを行う「ギフトキャッシュ」は、「換金率」・「リピート率」・「法人利用率」の3つの項目で業界実績No. 1を達成した優良現金化業者です。数ある現金化業者のどれを選んだらいいのか迷ったときに、選んで間違いない現金化業者として知られています。

換金率・還元率 91%~99.2%
現金化までのスピード 最短10分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

24キャッシュ

24キャッシュ
24キャッシュの特徴

クレジットカードの現金化サービスを行う「24キャッシュ」では、その店名の通り24時間現金化サービスの申し込みを受け付けている事から由来されています。初めて現金化をご利用になるお客様に対しても親切にサポートを行う会社です。換金率や対応のスピードも良く、ご利用者の口コミでも良い評判が多いのが特徴です。

換金率・還元率 87%~98.8%
現金化までのスピード 最短10分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

まとめ

パソコンに向かう人

クレジットカード現金化では、利用者の安全を守るために本人確認が必須とされています。

現金化業者に個人情報を伝えることを不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、優良業者を利用しさすれば、何も心配する必要はありません。

ただ、実績や知名度がない悪徳業者を利用してしまうと個人情報が裏マーケットに流出してしまう可能性があります。

もし仮に不要な個人情報を教えるように迫られたり、聞き出そうとされたら、すぐに利用を注意しましょう。

特にクレジットカードの番号やセキュリティーコードは絶対に他人に教えてはいけません。

クレジットカード現金化のみならず、ネット犯罪が多発している現代において、個人情報の取り扱いにはくれぐれも注意するようにしてください。