クレジットカード現金化の歴史を知れば危険性や基本的な仕組みが分かる!

クレジットカード現金化の基本的な流れ

本の中の世界

クレジットカード現金化はなぜ人気のサービスなのか?現金化の歴史を紐解くことで解説していきます。

現金化業者が逮捕された理由や、現在の現金化業界は安全なのか、それは歴史を見ていくことで、分かることができます。

クレジットカード現金化の歴史

螺旋アーチ

クレジットカード現金化はサービスが登場した頃から、現在まで一貫して、根強いニーズがあります。

時には現金化業者が逮捕されたり、消費者庁が「ストップ!クレジットカード現金化」キャンペーンを展開したりと、紆余曲折はありましたが、それでも現在まで、人気のサービスです。

ではなぜ、クレジットカード現金化はこれほどまでにも人気があるのか、それは現金化の歴史を紐解いていけば、自ずと明らかになるでしょう。

今回は、

  • 現金化が登場した時期
  • 現金化の暗黒期
  • 現在

の3段階に分けて、クレジットカード現金化の歴史を辿っていきましょう。

クレジットカード現金化の黎明期

クレジットカード現金化が登場したのは、1990年代からと言われています。

ただクレジットカード自体が登場したのは、1950〜1960年代であり、当時は質屋の数も多かったため、

「クレジットカードで商品購入→質屋で換金」

という現金化の方法は、すでに誕生していたと考えられます。

クレジットカード現金化という方法が世の中に広まるにつれて、現金化業者も次々に登場していきます。

当時は店舗を構えて営業を行う店舗型業者が大半で、繁華街を歩けば、「カードでお金」という看板や広告が多数見受けられました。

1990年〜2000年代は、貸金業者の多くが高金利で貸し付けを行っており、その金利は年利54.75%という今では考えられないような高金利でした。

そのため債務超過や、返済不能になる方が非常に多く、そのような方々が現金化サービスを利用していたと言われています。

グレーゾーン金利

2000年代に、クレジットカード現金化のニーズを爆発的に急増させる出来事が起こります。

それがグレーゾーン金利と、貸金業法の改正です。

グレーゾーン金利とは、利息制限法を超える上限金利のことで、消費者金融などの金融機関はかつて、高金利の貸し付けを行っていました。

  • 54.75%(〜1992年4月)
  • 40.004%(1992年5月〜1994年7月)
  • 39.931%(1994年8月〜2000年5月)
  • 29.2%(2000年6月〜2010年5月)
  • 20.0%(2010年6月〜)

上記のような金利が多重債務者や自己破産者を増加させると問題になり、貸金業法が改定させることになったのです。

貸金業法が改定されることによって、グレーゾーン金利は撤廃され、現在では年利18%以上を超える貸し付けを行うことはできません。

加えて、貸金業法には総量規制も合わせて導入されます。

総量規制とは、年収の三分の一を超える金額を貸し付けることはできないと定めたルールのことです。

例えば年収が200万円の方は、一年間で約66万円程度しか借入ができません。

この影響で、生活に必要なお金をキャッシングなどで借りられない方が、増加してしまいます。

そのような方が、活路として利用したのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化は借金ではないので、総量規制の対象にはなりません。

そのため、借入額が上限に達してしまった方でも、クレジットカード現金化ならばお金を手にすることができるのです。

貸金業法が改正され、総量規制という新たな枠組みができたことで、クレジットカード現金化のニーズは急増することになりました。

現金化業者が逮捕

主に社会的信用が低い方や、金融ブラックになってしまった方に利用されていたクレジットカードの現金化サービスですが、徐々に悪徳業者による被害相談の件数が増えていきます。

カード決済を行なったのにお金が振り込まれなかった…
高額な手数料を要求された…

といった悪質業者の被害に合う方が増加し、消費者庁や国民生活センターに多くの相談が寄せられました。

そして2011年に、ついにクレジットカード現金化業者が逮捕されることになります。

逮捕された理由は、出資法違反であり、現金化が許可のない高金利の貸し付けであるとみなされたのです。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法で事実上のヤミ金融を営んだとして、警視庁生活経済課は5日、東京都台東区の貴金属販売会社「インフィニティ」の元代表で飲食店経営、橋本幸治容疑者(41)=板橋区仲宿=を出資法違反(高金利、脱法行為)の疑いで逮捕した。カードの現金化業者を同法違反で逮捕するのは全国初。
ー「カード現金化、出資法違反容疑で初摘発 警視庁 」日経新聞

さらに2017年には、フリマアプリであるメルカリで現金を出品していた人物が、同様に出資法違反の疑いで逮捕されることになりました

インターネット上で物品を売買するフリーマーケットアプリ「メルカリ」への現金出品に初めて出資法違反(超高金利、脱法行為)容疑が適用された事件で、16日の逮捕者は全国で計4人に上った。
メルカリ現金出品、逮捕者は全国で4人に「銀貨」などの隠語で取引:産経ニュース

この二つの逮捕事件を受けて、世間的にはクレジットカード現金化は危険なサービスであるという認知が広まっていくことになります。

現在

クレジットカード現金化業者が逮捕される事態にまで発展した現金化業界ですが、現在もクレジットカード現金化を行う業者は存在していますし、現金化ニーズも衰えてはいません。

その理由としては、

  • 逮捕者が出たことで現金化業界がクリーンになった
  • ネットサービスの発展・普及により、現金化がより便利になった

ということが挙げられます。

どういうことか、順番に解説していきましょう。

逮捕者が出たことで現金化業者業界がクリーンになった

逮捕されるに至った現金化業者は、簡単に表すならば悪徳業者でした。

全く価値のないガラクタを10万円で売ることで現金化をしていたり、商品取引を実際には行なっていなかったり。

その上で利用者から高い手数料をとっていたのです。

その結果、高金利の貸し付けであると見なされ、逮捕されることになりました。

この逮捕事件を受けて、同様に悪どい営業を行っていた現金化業者は、逮捕されることを恐れてか、続々と姿を消していきます。

またそれに伴い、高い手数料を取るような業者や、きちんとした商取引を行わない業者も、淘汰されていくことになったのです。

そして結果的には、現在のところ悪徳業者と言われる現金化業者の数はめっきり減り、現金化業界は以前よりもクリーンに、そして安全になっています。

現金化の新たなサービス

さらにネットが普及し、世の中が変化するにつれて、現金化サービス自体もさらに利便性が高くなっていきます。

例えば

  • ネット口座を利用した24時間365日現金化サービス
  • 来店不要でスマホから申し込み可能なネット型業者の登場

などにより、クレジットカード現金化は単にお金を手にできるだけでなく、多くのメリットがある金融サービスとなりました。

そしてクレジットカードの普及率が90%に迫る中で、現金化利用者は右肩上がりで増えているのです。

もちろん、悪徳業者の存在には注意しなければいけませんが、昔ほど過度に怯える必要はありません。

現金化のリスクや注意点を理解し、正しい利用をすれば、クレジットカード現金化はとても便利な金融サービスなのです。

歴史上に登場したクレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化は、商品を購入して転売をするというのが基本的な仕組みです。

さらに応用させて、これまでには下記のような現金化方法も誕生しています。

また、現金化業者の現金化方法にも変化が見られます。

以前には商品買取方式という現金化の方法が主流でしたが、現在では「キャッシュバック方式」という方法が主流です。

商品買取方式に比べて、キャッシュバック方式は換金率が高く、詐欺罪横領罪にならないという利点があります。

クレジットカード現金化の歴史年表

クレジットカード現金化の歴史を年表にしてまとめました。

年代 出来事
1950〜1960年 クレジットカードが誕生
1990年代 クレジットカード現金化が考案される→現金化業者も登場
2000年代 悪徳業者によるトラブル事例が多発
2009年 消費者庁が「ストップ!クレジットカード現金化」キャンペーン実施
2010年 グレーゾーン金利撤廃
→現金化利用者が増加
2011年 悪徳業者が出資法違反で逮捕
2012年 ネット型業者が登場→現金化がより便利に
2017年 メルカリで現金化をおこなったとして逮捕

まとめ

古文書

歴史を振り返ると、クレジットカード現金化は利用すると危険なサービスであると言われるのも仕方がないかもしれません。

しかしながら、現在の現金化サービスはほぼ悪徳業者は見られず、闇金の存在に必要以上に怯える必要もありません。

もちろん注意は必要ですが、利用方法さえ間違わなければ安心してお金を手にすることができます。

より安心してクレジットカード現金化を利用したいという方は、当サイトオススメの優良業者をご参考にしてみてください。

ナンバーワンクレジット

ナンバーワンクレジット
ナンバーワンクレジットの特徴

ナンバーワンクレジットは実績と信頼性を兼ね備えた優良クレジットカード現金化業者です。ナンバーワンという名前の通り、クレジットカード現金化をするのに最適な現金化業者と自信を持ってオススメすることができます。

換金率・還元率 98.8%(最大)
現金化までのスピード 最短5分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

ギフトキャッシュ

ギフトキャッシュ
ギフトキャッシュの特徴

クレジットカード現金化サービスを行う「ギフトキャッシュ」は、「換金率」・「リピート率」・「法人利用率」の3つの項目で業界実績No. 1を達成した優良現金化業者です。数ある現金化業者のどれを選んだらいいのか迷ったときに、選んで間違いない現金化業者として知られています。

換金率・還元率 91%~99.2%
現金化までのスピード 最短10分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

24キャッシュ

24キャッシュ
24キャッシュの特徴

クレジットカードの現金化サービスを行う「24キャッシュ」では、その店名の通り24時間現金化サービスの申し込みを受け付けている事から由来されています。初めて現金化をご利用になるお客様に対しても親切にサポートを行う会社です。換金率や対応のスピードも良く、ご利用者の口コミでも良い評判が多いのが特徴です。

換金率・還元率 87%~98.8%
現金化までのスピード 最短10分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休