賢く安全にクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法

2019年3月8日クレジットカード現金化の基本的な流れ

お金が入ったカートを差し出す人

ショッピング枠現金化はクレジットカードさえあれば、誰でも手軽にお金を手にすることができます。

そのため給料日前の金欠時や借金ができない時などに、多くの方が利用しています。

しかしながらショッピング枠現金化を利用する際には、クレジットカード会社の利用規約違反となることや悪徳業者が存在するという注意点・危険性もあります。

そこで本記事では、ショッピング枠現金化とは何か、

  • ショッピング枠現金化のメリット
  • ショッピング枠現金化の危険性(リスク)
  • ショッピング枠現金化を自分でする方法

などを詳しく解説していきます。

ショッピング枠の現金化とは?

クレジットカードで買い物をする人

ショッピング枠現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金化して、お金を手にするという方法です。

クレジットカードには買い物をするためのショッピング枠と、お金を借りるためのキャッシング枠が設けられています。

ショッピングは買い物をするための枠で、ショッピング枠現金化はクレジットカードで購入した商品を転売することで行うことができます。

またショッピング枠現金化を行うには、自分でするか、専門の現金化業者を利用するという2つの方法があります。

ショッピング枠を現金化する理由・メリット

キャッシング(借金)ではなく、ショッピング枠現金化を利用する理由やメリットはたくさんあります。

具体的には以下の3点が挙げられます。

・借金ではないので審査がない→金融ブラックでも利用できる
・信用情報に記録されない
・即日でお金を手にすることができる

ショッピング枠現金化はクレジットカードさえ持っていれば誰でも利用することができます。

そのため借金をしたくない・できない方や、今すぐにお金が必要という方など、多くの利用者がショッピング枠現金化を活用しています。

ショッピング枠現金化の危険性(リスク)とは?

顔がクエスチョンマークの詐欺師

ショッピング枠現金化は上記のようなメリットがある反面、危険性(リスク)もあります。

そのため世間一般的にショッピング枠現金化は、お金に困った時の最終手段であり、さしたる理由がない限り利用はオススメできません。

次にショッピング枠現金化の危険性(リスク)について詳しく解説していきます。

①手数料が高く、損をしてしまう

ショッピング枠現金化では、ショッピング枠の100%を現金化することはできません。

自分で行うにせよ、現金化業者を使うにせよ手元に残る金額は最大でもショッピング枠の80%程度です。

ショッピング枠現金化は借金ではありませんが、手数料分の20%を金利として考えて年利に換算すると、

20%×12ヶ月=240%

という非常に高い金利となってしまいます。

現在では利息制限法という法律によって、借入の際の上限金利は20%までと決められています。

ショッピング枠現金化の金利は、この法定限金利を大幅に上回るものです。

簡単にお金を手にできる一方で、利用すると損をしてしまうという点には注意しなければいけません。

②クレジットカード会社の利用規約違反である

ショッピング枠現金化は違法ではありませんが、クレジットカード会社の利用規約違反となる行為です。

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」は厳禁です

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」と書かれた広告を、新聞・雑誌・看板・インターネット等で見かけますが、換金目的でのクレジットカード利用は会員規約(第29条9項)違反となり、会員資格を失うことになります。

楽天カード:「会員規約」より引用

ショッピング枠現金化が発覚してしまっても刑罰が下されるわけではありませんが、クレジットカード会社からはペナルティが課せられてしまいます。

具体的には、

・クレジットカードの強制退会(利用停止)
・カード残高の一括返済
・ブラックリスト入り

といったペナルティを受けてしまう恐れがあります。

ショッピング枠現金化を行う際には、くれぐれもカード会社にバレないようにしなければいけません。

【関連記事】カード会社にクレジットカード現金化が疑われた時の言い訳

③詐欺まがいの悪徳現金化業者が存在する

ショッピング枠現金化を行う現金化業者の中には、詐欺まがいの悪徳現金化業者も存在します。

悪徳現金化業者を利用してしまうと、

・不当に手数料を高く取られる
・カード決済したのに入金が行われない
・個人情報やカード情報を悪用されてしまう

などのトラブルに遭ってしまうことが考えられます。

また一度悪徳業者利用してしまうと、その後ヤミ金や詐欺のターゲットになってしまう恐れもあります。

そのため現金化業者を利用する際には、優良現金化業者であるかをチェックし、申し込みをしなければいけません。

業者を使わないで自分でショッピング枠現金化をする方法

自分でクレジットカード決済をする人

ショッピング枠現金化の方法はとても簡単ですので、詐欺まがいの悪徳業者を使わなくとも、自分で行うこともできます。

ショッピング枠現金化の方法を簡単に言うならば、「転売」です。

①クレジットカードで商品を購入する
②購入した商品を買取専門店やメルカリなどで転売をする
③転売したお金を手にする

といったように、自分でもショッピング枠を現金化することができます。

自分でショッピング枠現金化をする場合には、換金性の高い商品を購入することが重要です。

具体的には、

「Amazonギフト券・新幹線チケット・ブランド品・家電製品」

などが価格が高く、換金率も高い商品としておすすめです。

特にAmazonギフト券や新幹線チケットならば、90%近い換金率で転売をすることができます。

【関連記事】新幹線チケットを使って自分でショッピング枠現金化をする方法を解説

自分でショッピング枠現金化をするデメリット・注意点

自分でショッピング枠現金化をすることにはデメリットや注意点も存在します。

デメリットや注意点としては、以下の点が考えられます。

・確実に転売できるとは限らない
・お金を手にするまでに手間と時間がかかる
・カード会社にショッピング枠現金化がバレやすい

このようなデメリットがあるため、実際に自分でショッピング枠現金化をする方は、殆どいらっしゃらないのが現状です。

次にそれぞれ詳しく解説していきます。

①確実に転売できるとは限らない

自分でショッピング枠現金化を行うケースでは、いかに高く転売できるかが重要です。

しかしながら購入した商品を確実に転売できるとは限らず、買取専門店に買取を拒否されてしまう可能性は十分に考えられます。

特にメルカリやヤフオクで転売をする場合、確実に転売相手が見つかるとは限りません。

買い手が見つからないと、商品代金を全額損してしまうので注意が必要です。

②お金を手にするまでに手間と時間がかかる

自分でショッピング枠を現金化するには、ブランドショップや家電量販店などに出向いて商品を購入する必要があり、手間と時間がかかってしまいます。

また購入した商品は買取専門店や金券ショップに持っていかなければいけません。

メルカリやヤフオクで転売をする場合には、商品の出品手続きから買い手とのやり取り、商品発送などにも手間と時間がかかります。

そのため自分でショッピング枠現金化をする方法は、お金を手にするまでに多くの手間と時間を費やしてしまうというデメリットがあります。

「今すぐにお金が必要…」

という時には、自分でショッピング枠を現金化するのはオススメできません。

③カード会社にショッピング枠現金化がバレやすい

前述の通り、ショッピング枠現金化は違法ではありませんが、クレジットカード会社の利用規約上は禁止されている行為です。

クレジットカード会社は利用者のクレジットカード決済内容を把握しており、購入した商品からショッピング枠現金化を検知しています。

先ほどご紹介した

「Amazonギフト券・新幹線チケット・ブランド品」

は換金率が高いことから、クレジットカード会社が厳しくクレジットカード決済を見張っています。

そのため自分でショッピング枠を現金化すると、すぐにクレジットカード会社にバレてしまいペナルティが課せられてしまうのです。

賢く安全にショッピング枠を現金化するなら優良業者がおすすめ!

手の中の地球と木

残念ながら、自分でショッピング枠現金化を行うのは危険性が高く、デメリットもあるため控えたほうがいいでしょう。

そこでショッピング枠現金化でお金を手にするならば、現金化業者を利用することをおすすめします。

現金化業者を利用すれば、

  • 確実にお金を手にすることができる(キャンペーンなどを利用すれば85%以上の高換金率
  • 換金性の低い商品(パワーストーンなど)を使うためクレジットカード会社にショッピング枠現金化がバレない
  • 申し込みから最短10分でお金を手にすることができる

といったメリットがあります。

ただ現金化業者を利用する際には、詐欺まがいの悪徳業者が存在するという点には注意しなければいけません。

そこで現金化業者をご利用する際には、以下でご紹介する安全性に優れた優良現金化業者をご参考にしてください。

ナンバーワンクレジット

ナンバーワンクレジット
ナンバーワンクレジットの特徴

ナンバーワンクレジットは実績と信頼性を兼ね備えた優良クレジットカード現金化業者です。ナンバーワンという名前の通り、クレジットカード現金化をするのに最適な現金化業者と自信を持ってオススメすることができます。

換金率・還元率 98.8%(最大)
現金化までのスピード 最短5分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

ギフトキャッシュ

ギフトキャッシュ
ギフトキャッシュの特徴

クレジットカード現金化サービスを行う「ギフトキャッシュ」は、「換金率」・「リピート率」・「法人利用率」の3つの項目で業界実績No. 1を達成した優良現金化業者です。数ある現金化業者のどれを選んだらいいのか迷ったときに、選んで間違いない現金化業者として知られています。

換金率・還元率 91%~99.2%
現金化までのスピード 最短10分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

24キャッシュ

24キャッシュ
24キャッシュの特徴

クレジットカードの現金化サービスを行う「24キャッシュ」では、その店名の通り24時間現金化サービスの申し込みを受け付けている事から由来されています。初めて現金化をご利用になるお客様に対しても親切にサポートを行う会社です。換金率や対応のスピードも良く、ご利用者の口コミでも良い評判が多いのが特徴です。

換金率・還元率 87%~98.8%
現金化までのスピード 最短10分(来店不要)
営業時間 24時間対応(インターネット申込み):年中無休

ショッピング枠を現金化する為の方法

財布から1万円札を出してるスールの男性

ショッピング枠の現金化はお金に困っている時などに、手軽に現金を調達できる方法です。
クレジットカードで購入した商品を、専門業者に買い取ってもらうことでショッピング枠現金化が可能です。
現金は自由に使うことができますが、翌月以降にカードの支払いが残るので注意しましょう。

多くの場合は購入価格よりも買取価格は低くなり、若干損することになります。
損をするとはいえ、ローンサービスでお金を借りるよりも手数料が低く、手軽に現金を調達出来る事から近年ショッピング枠現金化は注目されています。
購入する商品によって買取価格は異なります。
電化製品やブランド品、最新のゲームや金券類などは金銭価値が高く、ショッピング枠現金化で購入されやすい商品です。

また、利用する業者によってショッピング枠現金化の方法や商品の換金率などが異なります。
なるべく損しないように信用できる業者を選びたいです。
利用する前に口コミや評判を確認したり、換金率を比較したりすると良いでしょう。

買い物代行サービスの特徴

家電量販店の店内

依頼主が指定した商品を購入して、それを依頼主に引き渡すことで現金が支払われるサービスがあります。
このサービスは生産数が限られている商品や1人辺りの購入数に制限がある商品を仕入れるといった目的があります。
依頼主と契約する形で引き受ける為、信用できる依頼主かどうか見極める必要があります。
過去に何度も協力者を募集して取引を成立させている依頼主なら、安心して利用できると言えます。

このサービスを利用する場合、マッチングサイトを利用して個人間取引をするのが一般的です。
依頼主とのやり取りはサイト内のメッセージや外部のチャットサービスなどで対応します。
このサービスは指定商品の購入金額を受け取れるだけでなく、別途報酬が用意されていることがあります。
クレジットカード現金化ができる上、報酬も受け取れるのでお得だと言えます。

商品を買い取ってもらうサービスというよりも、仕事に近い感覚で依頼を引き受けましょう。
興味があれば買い物代行などで検索してみると良いでしょう。

クレジットカード現金化で買取業者を利用するなら金券がおすすめ!

金券の写真

一般的な買取業者を利用するなら、ショッピング枠現金化で購入する商品は金券類がおすすめです。
金券類は現金と同等の価値を持っており、相場が崩れるということが少ないので安心して購入できます。

金券ショップが取り扱っている商品は非常に多くの種類があります。
ギフトカードや電車の回数券、テーマパークのチケットや電子マネーカードなど、他にも身近にある割引券を買い取っていることもあります。
使い易いギフトカードや電子マネーカードは換金率が高く、買取相場は額面金額の90%前後になります。
他の中古商品買取業者と比較しても、金券ショップの方が高い換金率を誇ります。

金券ショップは実店舗への持ち込みだけでなく、ネット上での取引にも対応しています。
ギフトカードや電子マネーカードのシリアルコードを金券ショップにメールで添付することで、ショップ側が確認後に指定の口座に買取金額を入金してくれます。
持ち込む手間が省けるのがネット買取の大きな魅力だと言えます。

クレジットカードのショッピング枠現金化はポイントが貯まる!

電話して悩んでいる女性

所持しているクレジットカードによって、代金決済するとポイントやマイルが貯まるカードがあります。
一定値まで貯めると、カード会社が用意している対象商品と交換することができます。

対象商品はカード会社によってラインナップが異なり、定番物だと商品券や電子マネー、テーマパークのチケットや航空券などと交換できます。
また、ショッピングサイトで買い物すると、サイト内で使える電子マネーが付与されることがあります。
この電子マネーは次回以降に買い物に利用することができます。
一度の買い物でクレジットカードとショッピングサイトの両方で得するのは大きな魅力です。

ショッピング枠現金化は商品を買い取ってもらう都合上、手数料などで買取金額が安くなってしまいます。
しかし、商品購入時にポイントや電子マネーが付与されればそのデメリットを軽減できます。
クレジットカードはなるべくポイントやマイルの貯まるカードを選び、ショッピングサイトも電子マネーが付与されるサイトを選ぶと良いでしょう。