フレックス払いでクレジットカード現金化をする方法と基本情報を解説

2018年10月12日クレジットカード現金化の基本的な流れ

クレジットカードを持つ手

クレジットカードの支払い方法には一括払い・分割払い・リボ払い・ボーナス払いやスキップ払いという方法があります。
買い物をする金額や自身の経済状況に合わせて、支払い方法を決めることができるというのがクレジットカード現金化のメリットと言っても過言ではないでしょう。

リボ払い専用カードはクレジットカード現金化できる?注意点も含め解説

ボーナス払いでクレジットカード現金化をするメリット・デメリットを解説

スキップ払いでもクレジットカード現金化はできる?

そんなクレジットカードの支払い方法の一つに、フレックス払いという決済方法があるのをご存知でしょうか?

フレックス払いは一般的な支払い方法とは全く異なったユニークな支払い方法で、最近にわかに注目を集めています。

今回はそんなフレックス払いとは何か?またクレジットカード現金化でフレックス払いはできるのか?といったことををわかりやすく解説していきます。

フレックス払いって何?

たくさんの買い物袋を眺める女性

フレックスとは英語でFlexと書き、「融通が利く」という意味の言葉です。

最近は通勤時の満員電車の混雑緩和のために出社時間を変えるフレックスタイムという言葉を連日見聞きします。

クレジットカードの支払い方法であるフレックス払いとは「返済額を自分自身で自由に決めることができる」カード返済のことです。

フレックス払いでは大きな買い物をして分割払いをするときに、月々の支払いの最低金額だけを決めておき、お金がない月は最低金額だけを支払い、お金に余裕がある月は多めに返済することができます。

簡単に言えば、消費者金融の返済方法をクレジットカード返済に応用させたものです。

自分自身で返済額を毎月決めることができるため、大きな額の買い物をするときに返済が楽になると考えられており、高額な買い物時は分割払いやリボ払いよりもフレックス払いを選択する人は少なくありません。

またフレックス払いは「あるとき払い」「フレックスペイ」とも呼ばれています。

フレックス払いとリボ払いの違いは?

リボ払いとは、カード利用額にかかわらず毎月決まった返済(+利息)をする支払い方法です。

リボ払いとフレックス払いの一番の違いは、毎月の返済額にあります。

リボ払いは早期支払いのタイミングは一回しかありませんが、フレックス払いはいつでも早期払いが可能でお金に余裕がある月は多めに返済することができます。

またフレックス払いの初回返済は、設定した最低金額以内でしたら一括払いとなります。
もしも初回時に満額返済できなかったらフレックス払いに移行するという方式を採っているため、初回支払い時には利息がつきません。(リボ払いは初回から利息が発生)

フレックス払いのデメリットは?

フレックス払いはリボ払いほどではないものの、分割支払いよりは金利が高くなります。

そのためズルズルと返済を先延ばしにすると、いつまでも返済が終わらない事態に陥ってしまう可能性があります。
リボ払いの利息だけを延々と支払うという「リボ地獄」まではいきませんが、フレックス払いをするときはキチンとした返済計画と、返済の目処があることが必須です。

最近はリボ払いの危険性が多く叫ばれており、カード会社は批判の矛先をかわすために、フレックス払いを全面に押し出す構えを取っています。

フレックス払いを利用するとポイントが2倍になったり、フレックス払い専用カードの入会特典を豪華にしたりフレックス払いを何かと進めてきますが、本当に自分にはフレックス払いが適しているのか、冷静に考えなければいけません。

クレジットカード現金化でフレックス払いはできるの?

ガッツポーズをする男性

クレジットカード現金化をおこなってくれる現金化業者は常に最先端を取り入れ、時代によって変わる利用者の様々なニーズに応えようとしています。
そのためクレジットカード現金化の返済でも、問題なくフレックス払いを利用することができます。

フレックス払いを現金化の際に利用する方法は、業者に支払い方法を尋ねられたときに、フレックス払いを希望するということを伝えるだけです。

ただクレジットカード現金化の支払いにフレックス払いを使用する際には、注意しなければいけない点もあります。最後にその注意点をお話ししたいと思います。

フレックス払いで現金化をする時の注意点!

クレジットカード現金化はショッピング枠に空きがある限り、クレジットカードの種類によっては数十万円単位の高額な現金化をすることができます。

もしもこのような高額な現金化をする際に、フレックス払いを利用するときは注意が必要です。

返済が高額となり長期化すればするほど、支払わなければならない金利が嵩(かさ)んできます。

くれぐれもフレックス払いで高額な現金化を利用するときは、返済可能であるかを事前に確認するようにしてください。

またフレックス払いはリボ払いなどと比べて、知名度が低い支払い方法です。
そのため悪質な業者の中には、「フレックス払いは手間がかかる」などと適当な理由をつけて、手数料を多く取ろうとしてくることがあります。

悪徳業者に騙されないためにクレジットカード現金化の手数料を知っておこう!

フレックス払いを利用しても、決済にかかる手間は特にありません。このように、利用者を騙して少しでもお金を巻き上げようとしてくる悪徳業者には気をつけてください。

優良現金化業者の選び方を解説!