ショッピング枠現金化のご利用方法と基本的な仕組みを徹底解説

2019年3月7日クレジットカード現金化の基本的な流れ

ショッピングカート

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠という借入ができる枠が2つあります。同じクレジットカードの与信枠でも、それぞれの枠によって全く機能が異なっています。今回はクレジットカードのショッピング枠を現金化するためのご利用方法と基本的な仕組み、ご利用になる上での注意点なども徹底解説いたします。

買い物をするためのショッピング枠

クレジットカードを差し出す手クレジットカードで何かを購入した場合、その代金はショッピング枠から引かれていきます。
購入したものを売却すればショッピング枠現金化になりますが、通常買った値段以上になることはありませんので、必ず差額分は損してしまいます。

カードが使えるお店であればどのような商品、サービスでも購入することができますが、実はカード代金の支払いが終わるまで、その商品やサービスの所有権はカード会社にあります。
そのため、カード会社ではショッピング枠現金化を禁止しています。

このことは規約にも書かれており、ショッピング枠現金化をしていることがバレるとカードが停止されることもあるのです。
誤って購入したチケットや利用する予定がなくなったチケットを売却することは禁止ではありませんが、何度も繰り返していると、ショッピング枠現金化目的の売買であると判断されることもあります。

正当な理由で売却している場合はカード会社に連絡をし、疑いを晴らしましょう。

お金を借りるためのキャッシング枠

ATMカードを作るときにキャッシング枠をつけることもできます。
キャッシング枠がなくてもカードを持つことができますが、この機能があれば自分の好きな時にお金を借りることができます。
この枠はお金を借りるための枠で、そのお金を利用すればカードが利用できないお店とも取引ができます。

ショッピング枠は割賦販売法、キャッシング枠は貸金業法に規制されています。
それぞれ管轄している法律が異なりますので、全く別のものだと思っておきましょう。

お金を借りることができる機能はカードローンと同様ですので、これはクレジットカードにカードローンの機能をつけるものだと思っておいて間違いありません。
もしお金を借りることができるのであれば、わざわざショッピング枠現金化をしなくても、すぐに現金を手にすることができます。

ショッピング枠現金化のように高い手数料や手間がかからないのもメリットです。
基本的には24時間いつでもお金を借りることができます。

クレジットカードの契約と信用情報について

クレジットカードキャッシング枠があると非常に便利ですが、カードを作るときの審査はその分厳しくなります。
貸金業法には総量規制という決まりがあり、年収の3分の1以上の貸し出しが禁止されています。
もし50万円以上の限度額を希望する場合、現在の他社の借入額と希望する額が100万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要になります。

カードを作るときに在籍確認を行わないカード会社もありますが、キャッシング枠をつけることによって在籍確認が必要になる場合もあり、対応は慎重になります。
もし将来的にお金を借りる予定がないのであれば、ショッピング枠だけにしておいても良いでしょう。
対応スピードの速い会社では、後からキャッシング枠を希望しても、即日で機能をつけることができるところもあります。

こうした信用取引に関する情報は、すべて信用情報機関に保存されており、他社と共有することができるようになっています。
信用力が低くなるとカードが作れなくなりますので、利用には十分注意が必要です。

「ショッピング枠現金化」と「2つの借入枠の仕組み」

手とメモ用紙カードによって2つの枠の仕組みが異なっています。
一般的なカードでは全体の枠がショッピング枠となっており、その中の一部にキャッシング枠が設定されています。
しかし中にはそれぞれが独立しているカードも存在しています。

ショッピング枠を現金化をするメリットは、キャッシング枠を超えて現金を手にすることができる点にあります。
また、ショッピング枠の中にリボ払い変更可能枠というものもあり、その金額分までは毎月の支払を一定にする、リボ払いに変えることができます。
ショッピング枠現金化をすると翌支払い月の請求が高額になることがありますが、リボ払いにすれば負担を分散できるでしょう。
ただしショッピング枠現金化で差額となった分に加え、毎月のリボ手数料が負担となります。
長期間リボ払いにすると支払額が高額になることもあるので注意しましょう。

キャッシングできる状態であれば、わざわざショッピング枠現金化をせずにお金を借りるのが良いでしょう。
カードに機能がない人はキャッシングできるように変更できないか、カード会社に相談してみると良いでしょう。

キャッシングには抵抗がある!そんなときはショッピング枠を現金化

クレジットカードのショッピング枠現金化は、少々難解な仕組みをとることが多いです。リスクを回避するためにも、しっかりと理解してしておくようにしましょう。

クレジットカードのショッピング枠現金化は安全なのか?

一昔前には、街中の看板や雑誌の広告欄などでも良く見かけていた「ショッピング枠現金化」ですが、違法性に対しての議論が巻き起こったことや、クレジットカード会社がショッピング枠現金化を規制したことなどを理由に、一気に勢いが縮小しました。

なぜショッピング枠現金化が(自主)規制されることになったのかというと、「本来、意図している使い方と違っていること」「詐欺や違法行為の標的になる可能性があること」などが理由です。
ショッピング枠現金化を行うこと自体に違法性があるわけではありませんが、それをもって得られる現金が安全かどうかは別です。

たとえば、自身がカードを使って商品を購入し、その商品をリサイクルショップなどに売却した場合も形式上は同じです。
しかし、それはあくまでも「適正価格」によって取引が行われている場合に限った話であり、違法業者のように「実質的には利息制限法の上限金利を超える状態」になってしまうことが問題です。

安全にショッピング枠現金化をするコツ

スマートフォントとカードショッピング枠現金化を利用する人の状況は、「すでにキャッシング枠をすべて使い切ってしまった状態」であることが多いです。
そもそもキャッシング枠に余裕がある状態ならばショッピング枠現金化を利用する必要はなく、審査によって決められていた「金利」「限度額」などの条件に応じて安心してお金を借りることができます。

ところが、キャッシング枠には上限金額があるため、使い過ぎてしまうと借りられない状態になります。
キャッシング枠がいっぱいになってしまった場合に更なる借り入れを希望するのであれば、「カードローンやキャッシング」が選択肢に挙がります。
しかし、これらの方法は「月々の返済をツラくさせる選択」である以上、むやみやたらに利用することは困難です。

もし、何が何でも必要な状況になってしまった場合には、できるだけ信頼できる優良業者を利用するか、もしくは自分自身で同様の形式をとって現金化する方法がおすすめです。
その方法ならば、最大限に得られる金額が大きくなります。

情報収集は特にしっかりと行うこと!

キーボードを打つ様子ショッピング枠現金化の魅力は、すでにあるショッピング枠を利用して買い物をし、その商品(必ずしも物品とは限らない)を買い取る形で現金を受け取ります。
しかし、価値基準は通常とは大きく異なっています。

たとえば、「通常100円で購入できる商品」を購入する形で現金を得る場合には、「1万円の価値があるとして購入して同額の現金を受け取る」または、「まったく存在しない商品を購入する形で現金を受け取る」ことになります。
相手にとっては、本来の価値がいくらだとしても問題ではなく、実際には商品授受が行われない状態でも問題はありません。
代金はクレジットカード会社から支払われるため、1万円の商品を購入する形で7千円の現金を手にするような形になります。
相手は7千円を支払って1万円の現金を受け取ることができるため、実質的には3千円の利益を生むことができます。

このサービスを安心して利用するためには、具体的かつ明確な情報収集を行うことが重要です。

総合的に判断して決めることが大切!

男性のシルエットクレジットカードを使って行う取引きに関しては、すべての履歴が「信用情報機関」に登録されます。
登録、保管される期間に限度はありますが、おおよそ3~5年は履歴が存在し続けることになります。
場合によっては、その履歴が新しいローン契約を結ぶうえでのデメリットになる可能性もあります。

何が何でもスピード融資を期待している場合、なおかつカードローンやキャッシングでは契約できる可能性が低いと判断できるような状況における「最終手段」として位置づけるようにし、真っ先にこの方法を選択しないように気を付けましょう。

また、ショッピング枠現金化を利用する際には、「業者について」「金利(手数料)の相場」についてしっかりと情報収集を行い、必ず複数の候補を並べて比較検討することが重要です。
もしもこれをしなかった場合、著しく理不尽な金利でもって現金を受け取ることになる可能性が高まってしまいます。
可能な限りじっくりと検討して、安全性を高めるようにしましょう。

お金に困ったらクレジットカード現金化?キャッシング?どっちが安心?

お金に悩む女性

今回は、現金が必要な時に対処する方法としてクレジットカードの現金化とキャッシング、どちらが安心できるかについて考えてみましょう。

キャッシングを利用してお金を借りる

 

今回はクレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使って現金を用意する方法について考えてみましょう。
基本的に、クレジットカードを作成する際に審査がありますが、その時に借入の限度額が設定されます。
限度額は人によって異なりますが、数万円であればほとんどの人が借入することができるでしょう。
ATMサービスなどで簡単に使用することができることから、一番早く現金を手にすることができる方法とも言えます。

ただし、クレジットカード自体を持っていなければ、消費者金融などから借入することになるでしょう。
特に信用情報に問題がなければすぐに借入することができます。
しかし、業者によっては即日借入ができない場合もありますので注意してください。

キャッシングや消費者金融からの借入ですと、気になるのが返済時にかかってくる利息分です。
利息は利用する業者によって異なってきますので、なるべく利率が安い場所で借入することをおすすめします。

クレジットカードのショッピング枠を現金化

お金

リスクなく現金を手にしたいという人であれば、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化する方法があります。
ただし、クレジットカードの現金化に関して違法行為ではありませんが、クレジットカード会社によっては利用規約に触れてしまう可能性がありますので注意してください。

クレジットカードを使用して現金化する場合、業者を利用して行うのが一般的です。
業者から特定の商品をクレジットカードで購入するように指示を受け、その支払った代金の約75%~90%程度の現金をキャッシュバックしてもらうというシステムです。

また業者を通すことで手数料が発生してしまい、キャッシュバックできる現金がかなり少ないものになるというデメリットがあります。
また、カード会社の利用規約に違反している場合には一括で支払いを命じられてしまうというケースもありますので注意してください。
さらに、悪質な現金化業者も増えていますので、この方法はあまりおすすめすることができません。

金券ショップで現金化

電卓を使う男性

カードを使用して購入した商品券や回数券を金券ショップに持ち込み、現金化する方法をご紹介していきましょう。
金券ショップで取り扱っている金券の種類はかなり多いのですが、換金率が悪いものも多くありますので注意してください。
また、地域や金券ショップによって取り扱いが異なっている場合もありますので、事前にしっかり調べてから持ち込むようにしましょう。

昨今では、金券自体をカードで購入するのが難しくなっているという現状があります。
その為、この方法もいつまで通用するかわからない事態でもあります。
また、換金率に関しては、商品券や回数券などの内容によって異なってきますし、場合によっては換金することができないかもしれません。
この方法は、カードを利用して現金化する方法の一つとして考えてください。
この他にもバスカードやクオカードなどを購入して現金化するという方法もありますが、どの方法も簡単ではなくなりつつあるようですので注意してください。

デメリットで選ぶことをおすすめします

納得する女性

カードを利用して現金化する方法のメリットとは利息が発生しないことでしょう。
ただし、換金率によってはかなり損をしてしまうのも事実。
換金率の良い業者を選びましょう。
また、悪質な業者を利用してしまうと、不明瞭な手数料まで取られてしまうかもしれません。
さらに、金券ショップを利用する方法も昨今では難しくなりつつあることも頭に入れておきましょう。

キャッシングの場合のメリットは早ければ即日に現金を得ることができるところです。
最寄りのATMサービスから借入したい金額を限度額までであればすぐに借りることができるでしょう。
スピード重視ならこちらが優勢となります。
ただし、この方法でお金を借りるとなると、発生してしまうのが利息。
これは業者によって利率が異なっていますので、高い利率ですと返済の際かなりの負担になってしまうこともあるでしょう。

どちらの方法を利用するとしても、デメリットについてはしっかり考えておくことが大切です。

キャッシング枠が使えないときはショッピング枠現金化を使おう!

クエスチョンマーク

消費者金融・銀行系カードローン・信販系のキャッシング枠が上限に達しているが、それでも現金がどうしても必要だと言う場合は、闇金業者には借り入れせず、ショッピング枠現金化を検討しましょう。

そもそもショッピング枠現金化とは何なのか?

ショッピング枠現金化に必要なのは、契約しているクレジットカードと、そのカードのショッピング枠の残高です。
キャッシング枠が設定されているのと同様に、ショッピング枠も必ず設定されています。

例えば、カードで10万円分の買い物が出来るとして、それを利用し特定の買い物を行います。
転売しやすいブランド商品などがそうです。
それを買い取ってもらって、現金を手にするというのが「ショッピング枠現金化」です。

しかし、利用者の労力も使いますし、買値の半分以下での買取になってしまうケースも多く、あまり得策ではありません。
そこで、ショッピング枠現金化のサービスを提供している業者を使います。

クレジットカードの情報を業者に伝え、代理で業者が特定の商品を購入し、直ぐにそれを買い取ってもらうことで現金化までのスピードアップが望めます。
換金率はどんなに安くても60%以上はあるでしょう。
それ以下の換金率を提示する業者であれば取り引きは中止した方が良いです。
業者によって、換金率はまちまちですが、目安として70%~85%程度が相場ではないでしょうか。

ショッピング枠現金化の仕組みとは?

PCここではショッピング枠を現金化する仕組みを解説いたします。

利用する現金化業者を探す

まずは依頼する業者の選定を行います。
普通にネット検索すると、沢山の業者情報に出会います。
しかし、実はこのショッピング枠現金化というのは厳密に言うと違法行為に該当してしまいます。

その為、業者のホームページには「現金化を目的としたご利用はお止め下さい」等と表記されているところもあります。
ただ、違法行為に該当すると言っても、現金化サービスを行った利用者が罪に咎められることはまずないでしょう。
過去に遡っても例はありません。

ただ、業者側からすれば罪になってしまった事例があります。
利用者側の最大のリスクは契約しているクレジットカードの強制解約や、利用停止などといった措置です。
カード会社の利用規約としては認めていない行為なので、現金化目的のカード利用がバレてしまうと、最悪そういったケースに繋がります。

ただし、現金化の金額や、利用方法に気を使えば、カード会社にそれが発覚する可能性は低いです。
しかしながら、昨今の厳しいコンプライアンス意識もあって、カード会社も厳しくチェックしている実情はあります。
カードのキャッシング枠も上限まで利用していて、ショッピング枠でも大きな金額を利用すれば若干目を付けられやすくはなります。

現金化サービスの申込み方法

利用先の業者が決まれば、電話やインターネット上から申込みをします。
新規の利用であれば、身分証明書や、利用するクレジットカード情報を業者に送付することが求められます。

そして自らの意思で指定された商品を買い物したり、代理契約を結んで、業者が本人の代理で買い物をしたりします。
そしてその対価として、利用者が指定した銀行口座に買取金額が振込されるという仕組みです。

現金化のサービスを提供している業者は多いですが、おすすめの現金化商品が1つあります。
それが「アマゾンギフトカード」です。
ショッピング枠を使って、アマゾンギフトカードを購入し、それを販売するのです。
ただし、インターネット上でカードで購入する場合、ギフトカードはカードタイプではなく、メールタイプの商品となります。
前者であれば金券ショップで買い取ってもらえますが、後者であれば現金化に対応している業者でなければいけません。
そうなると業者の選定、それから初回利用の際は身分証明書等の情報提供が必要です。

このような手法でカード現金化を利用すれば、ショッピング枠がそのままキャッシング枠になるのです(※換金率もありますが)。

なぜアマゾンギフトカードの現金化が良いか?

アマゾンのマークまず換金率が断然良いです。
85%~90%超の換金率で現金化が可能です。
もちろん85%以下の換金率を提示してくる業者もいますが、他を探せば必ず85%以上で買い取ってくれる業者はいますので、その場合は他をあたりましょう。

それから購入する商品がアマゾンギフトカードなので精神的にも安心です。
現金化をどうしても利用したい場合はこの方法がおすすめです。
アマゾンのオフィシャルサイトから普通に購入することができ、金額も自由に指定することができます。
10万円以上のギフトカード購入も可能です。
他の現金化と比較しても、アマゾンギフトカードを利用しての現金化の方が色々なメリットがあると言えます。

ショッピング枠現金化は、以上のような方法で利用するので、信用情報に傷がつくということはありません。
ショッピング枠を使っての通常利用をしているという「体」であるからです。
また、難しい審査もないので、ほとんどの人が利用可能です。

闇金業者といった悪徳サービスに手を出すくらいなら、ショッピング枠現金化の方が断然安心であり、便利であると言えます。
しかし、くれぐれもご利用の際は「本当にお金が必要なのか」を熟考されることを望みます。

「ショッピング枠の現金化」はプロの業者に任せよう!

砂時計

クレジットカードでのショッピング枠現金化では、何らかの商品やサービスを購入した後に買い取ってもらったり、販売促進のためのキャッシュバックとして現金を受けることになります。現金化までの速度は業者によって異なります。

クレジットカードのショッピング枠現金化にかかる時間

業者によってクレジットカードのショッピング枠現金化の方法は異なりますが、最も早く即金で換金できるのがネットにあるギフトカードの買取店でしょう。
しかし買取店の中には換金率が異様に低かったり、対応が遅くすぐに現金にならないところもあります。

そうしたお店に引っかからないためにも、口コミサイトを参考に取引をすると良いでしょう。
もちろん中にはサクラも存在しているため、複数のサイトを見て一般人からの評判が良いショップを選ぶ必要があります。
評判の高いショップは換金率も高く、即金で現金にすることができるところが多いでしょう。
最低取引金額など細かい条件はショップによって異なりますので、自分がショッピング枠現金化で手にしたい金額をもとに選ばなくてはなりません。
これらのショップの換金方法は銀行振り込みですので、週末取引をする場合にも注意をしましょう。
タイミングによっては週明けの入金になってしまうこともあるからです。

急ぎで換金したいならネット銀行の契約を

MONEYさまざまあるネット上のショッピング枠現金化サイトですが、中には土日や深夜にも関わらず即金で換金してくれるサイトもあります。
24時間営業をしているところは利用者数も多いため、安心して利用することができるでしょう。
銀行営業時間外でも即金で換金するためには、利用者側も条件を整えておく必要があります。

それがネット銀行の契約です。
ネット銀行にもいくつかありますが、多くの金融機関は同一金融機関内の振込であれば曜日や時間を問わず即時着金するシステムを組んでいます。
2018年からは全銀協会のシステムが24時間対応となる予定で、将来的には金融機関に関わらずすぐに入金してもらうことが可能になります。
ネット銀行のもう1つのメリットが手数料の安さです。
少しでも換金率を高くするために、手数料がかからない、もしくは手数料が極力低い金融機関を用意しておくと良いでしょう。
利用する金額によっては振込手数料が無料になる業者もあります。

ショッピング枠の現金化で購入する商品とは?

宝箱換金性のある商品は様々ありますが、換金率は商品によって異なります。
業者は買い取った商品を転売することによって利益を出していますので、需要の少なくて売れないような商品は高く買い取ることができないからです。
換金率の高い商品は広く利用されて知名度の高いギフトカードが良いでしょう。

ネットの業者と取引をする場合は実際に発行されているカードタイプのものを売買するわけではなく、ネット上で簡単に発注できるギフトコードを購入することになります。
コードはメールで送られてくるので、購入する商品を間違えないようにし、メールアドレスの間違いもないようにしましょう。
買い取ってもらうギフトコードは自分で入力してはなりません。
入力して打ち込んでしまうと、利用したことになってしまうからです。

自分のアカウントに残っている残高を買い取ってもらうことはできませんので、アカウントに入れる前の状態のものを用意しましょう。
アカウントに入っている残高は実際の商品などを購入し、実際にある店舗に売りに行くのが換金方法です。

ショッピング枠現金化に必要な書類

パスポートネットの買取ショップを利用する場合、いくつか書類を用意しなくてはなりません。
必要になる書類はショップのホームページに記載されていますし、買取りの相談をすれば案内が届くようになっています。
必要なのは免許証やパスポートなど、顔写真付きの身分を証明することができる書類です。

このような書類が必要になるのは、ショッピング枠現金化で買い取った商品が盗品でないことを保証するためです。
パソコンでやり取りをする場合は撮影した写真を取り込んでおきましょう。
すぐにお金が必要なのであれば、ショッピング枠現金化をする前にスムーズに取引ができる準備をしておくことが大切です。

こうした書類が必要になるのは初めてのショップを利用したときのみで、次回からはリピーターであることを伝えれば、書類の提出は不要になります。
初回のみ買取率が高くなっているショップもありますので、そうしたキャンペーンをうまく利用してロスを少なく換金するのも良いでしょう。