デビットカードを持つ人物

クレジットカードそっくりなデビットカード。いまいちその違いを分かっていない方も多いでしょう。ふたつのカードの違い、そしてデビットカードで現金化はできるのか?という疑問を簡単に説明します。

デビットカードとは?

デビットカードとは商品を購入した際、利用代金が即座に登録した銀行口座から引き落としになるカードのことです。
デビットカードが使えるお店はvisa(ビザ)やmaster(マスター)カードといった国際ブランド加盟店になります。

デビットカードは銀行口座と直結していて、使った額の代金が即座に銀行口座から引き落としになるのが特徴です。
したがって銀行口座に預金してある額以上の買い物はできません。
イメージとしては即時決済型のクレジットカードと言ったところでしょうか。

難しく考えたくない方は、「普段持ち歩いている財布が銀行口座になって、その口座を使って買い物ができる」との認識で構いません。

クレジットカードとの違いは?

デビットカードとクレジットカードは見た目も変わらず、同じカード会社の名前がカードに記載されていて使い方もほとんど同じです。

ですが、1番の大きな違いは支払い方法にあります。
クレジットカードの場合、ショッピングで購入した商品の支払い方法は様々です。
一括払い、分割払い、リボ払い、スキップ払い、フレックス払いなど各自でお好きな方法を選択することができます。

クレジットカード現金化でリボ払いは可能?

スキップ払いでもクレジットカード現金化はできる?

フレックス払いでクレジットカード現金化をする方法と基本情報を解説

たくさんあるクレジットカードの支払い方法に共通していることは「後払い」であるということです。

つまりショッピングをするときにお金が無くても、クレジットカードさえ持っていれば買い物ができるのです。

一方、デビットカードは商品を購入する時点で、引き落とし口座に残高がないと買い物の際に利用できません。
したがって、銀行口座にあるお金以上の金額の買い物をすることは不可能となっています。

さらにデビットカードは商品購入時に即座に引き落としがされる、「即時決済」と呼ばれる支払い方法になります。

  • 今持っている金額以上の買い物ができるのがクレジットカード
  • 今持っている金額以下の買い物しかできないのがデビットカード
  • 支払いが「後」なのがクレジットカード
  • 支払いが「今」なのがデビットカード

ということを理解してください。

デビットカードでも現金化はできるの?

クエスチョンマークデビットカードは即時払いのため、クレジットカードと違って発行するのに審査が要らないという特徴があります。
そのためクレジットカードは持ってないけどデビットカードなら持っている、という方も多いかもしれません。

そこで気になるのが、「クレジットカードの現金化みたいにデビットカードも現金化できないだろうか?」という疑問です。

しかし残念ながら、デビットカードを現金化することはできません

なぜかというと、デビットカードで使えるお金は現在自分が持っているお金だからです。

クレジットカードはお金を持っていなくてもカード会社が立て替えてくれることによって買い物をすることができます。
この支払い時期の差を利用したのがクレジットカードの現金化です。

期待した方には申し訳ないですが、デビットカードでクレジットカード同様に現金化をするのは仕組み上不可能なのです。

デビットカードで現金化をすると損をする!

デビットカードはクレジットカードと見た目が似ているため、日常生活の中でもよく混同されがちです。
実際、私もクレジットカードと間違ってデビットカードを使ってしまいそうになり、残高不足のために買い物ができなかった経験があります。

普段の買い物でデビットカードとクレジットカードを取り違えてしまうくらいなら大きな支障はあまりないのですが、クレジットカードの現金化をするときは特に注意が必要です。
なぜならデビットカードでクレジットカードと同じように現金化をしてしまうと、損をしてしまうからです。

デビットカードで使えるお金は、今現在、銀行口座に入っているお金です。
つまりは自分自身のお金になります。
ということは、デビットカードを現金化して得られるお金はそもそも自分が所有しているお金なのです。

さらに現金化の際には決済手数料や現金化業者に払う手数料があります。
そのためデビットカードで現金化をしてしまうと手数料の分、損をしてしまうのです。

くれぐれも現金化の際にはクレジットカードとデビットカードを間違えないようにして下さい。

立て替え機能付きのデビットカードもある

デビットカードとクレジットカードの入った財布先ほど即時決済のデビットカードでは現金化が不可能であるとお話しました。

しかしデビットカードの中には、不足分を自動立て替えして補ってくれるサービスのついたデビットカードがあります。
立て替え払いがついたデビットカードは最早、クレジットカードとなんら変わりありません。

現段階では不明ですが今後、自動立て替え機能がついたデビットカードで現金化ができるようになるかもしれません。

最近は立て替え機能の他にも、色々な機能が付いたデビットカードが登場していますのでご紹介しておきます。
いずれも現段階で現金化はできませんが、覚えて置いて損はないです。

自動立て替え機能つきデビットカード

最近、自動立て替え機能つきのデビットカードが新たに登場しています。

自動立て替え機能とは買い物をしているときにお金が足りない、もしくはお金が無い場合に不足分を立て替えてくれる機能のことです。
立て替えてもらった金額は後に払うことになります。つまりクレジットカードの支払いの仕組みと全く同じなのです。

クレジットカードの場合、お金を立て替えてくれるのはカード会社になりますが、デビットカードの場合、立て替えを行ってくれるのはカードを発行している銀行になります。

自動立て替え機能つきデビットカードは、イオン銀行が発行している「イオンデビットカード」が例として挙げられます。
イオンデビットカードには与信枠として最大で10万円の立て替え機能が付いています。

10万円という金額はクレジットカードの利用限度額に比べれば見劣りしますが、元はデビットカードということ考えれば十分な額です。

当座貸越機能付デビットカード

次に紹介するのは当座貸越ができるデビットカードです。

当座貸越とはデビットカードの引き落としに使っている普通預金額の残高が不足している場合、同一口座に入れている定期預金額を担保として不足金額を自動的に借り入れることができる機能です。
条件として総口座、つまり普通預金と定期預金の両方がある口座を開設している必要があります。

銀行と直結しているデビットカードならではの機能です。

カードローン枠から自動で融資されるデビットカード

カードローン枠を利用した自動融資が利用できるデビットカードとして有名なデビットカードに、スルガ銀行が発行する「デビットTカード」があります。

カードローン枠を利用した自動融資とは、デビットカードを発行した銀行でカードローンを申し込んでいると口座残高が不足している場合に不足分をカードローンから融資してくれる方法です。
不足分の金額が自動でカードローンの利用分に換算されるのです。

要するにカードローンの借り入れをするときに、わざわざATMに行かなくても済む、ということになります。

しかしながら、この場合はカードローンでの支払いですので、れっきとした借金になります。

いくらお金が必要だからといって、可能な限り借金はしたくないものです。

キャッシング・カードローンにはデメリットがたくさん!

親や親戚から借金をすることのデメリット4選

とはいえ口座残高を気にしないでショッピングができるという点は利便性が高いかもしれません。
カードローンを利用するときにATMが遠い、行くのが面倒という方にはオススメのデビットカードです。

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING
  • クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…
  • 手っ取り早く優良業者を知りたい!
  • 一番高い換金率の業者はどれ?
  • 入金スピードが早い業者はどこ?

という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして下さい!

この記事を読んだ方におすすめの人気記事