クレジットカード現金化に電話確認はなぜ必要なのか?番号を教えない方法はある?

クレジットカード現金化の基本的な流れ

現金化に電話確認は必要?

クレジットカード現金化で現金化業者を利用する際には、電話確認が必須となります。

なぜ電話確認が必要なのか、利用者側の立場と現金化業者の立場から解説して参ります。

また、自分の電話番号を業者に教えたくないという方のために、自分の電話番号を教えない裏ワザなどをご紹介します!

クレジットカード現金化に電話による在籍確認はない!

アジアの女性

まず初めに、クレジットカード現金化では消費者金融などのように在籍確認がありません。

消費者金融やクレジットカード作成時に行われる在籍確認は、審査のために行われます。

しかしながら現金化は借入ではないため、審査やそれに伴う在籍確認が不要なのです。

審査不要で、カードさえ持っていれば誰でも利用できるので、金融ブラックで借り入れができない方や、専業主婦やフリーターなどで信用情報が低い方でも利用することができます。

また、消費者金融などを利用すると、在籍確認の電話が職場にかかってきてしまいます。

在籍確認の電話で借金がばれることはありませんが、心情的に電話がかかってこないに越したことはないでしょう。

クレジットカード現金化は在籍確認の電話、ひいては審査が無いので、安心して利用することができます!

電話確認は現金化に必要?流れから確認してみる

チェックリスト

クレジットカード現金化で在籍確認はありませんが、実際には電話確認を必須としている現金化業者がほとんどです。

  • 現金化業者と電話のやり取りをしたく無い…
  • 現金化業者に電話番号を教えるのは不安…

と感じる方は多いでしょう。

そこで現金化の流れから、電話確認は必要なのか、メールのみで現金化はできないのかを検証してみましょう。

【参考記事】クレジットカード現金化で必要なもの【クレカ現金化の流れ】

1.申し込み

まずは現金化業者に申し込みを行います。

申し込みは電話で行うことができます。

ですが、ほとんどの場合は申し込みフォームが業者のサイト上に用意されており、電話をする必要はありません。

2.本人確認

申し込み後、申し込み者とカード名義人が同一しているかの確認が行われます。

本人確認の方法は簡単で、