3つの商品買取方式とは?特徴、換金率、メリットを比較

クレジットカード現金化の商品買取方式には3種類あるということをご存知でしたでしょうか?ショッピング枠を現金化する際には、これら3つの違い・メリット・デメリットをキチンと理解し、自分の状況に合わせてどの業者を利用するか決める必要があります。本記事では商品買取方式の3つの型について詳しく解説していきます。

クレジットカード現金化の方法

封筒の中のお札

クレジットカード現金化の方法には大きく分けて2種類あります。
それは「キャッシュバック方式」と「商品買取方式」の2つです。

キャッシュバック方式とは
「現金化業者に指定された商品を購入すると、キャッシュバックという名目でお金が得ることができる」という現金化の方法です。

一方の「商品買取方式」は
「業者から購入した商品を、今度は業者に売却することで買取代金としてお金が得ることができる」という現金化方法です。

どちらもメジャーな現金化の方法で広く使われていますが、実はさらに商品買取方式は細かく分けて3つに分類することができます。
このことは一度、現金化を利用したことがあるという方でも、知らないという方が多いのではないでしょうか?

一概に商品買取方式といっても、3つの方法それぞれに特徴・メリット・デメリットがあります。

ですので本記事を読んで3種類の商品買取方式をしっかりと理解し、自分にあった方法を選ぶようにしましょう!

3種類の商品買取方式とは?

商品を受け取る女性

商品買取方式は、

「買取型(かいとりがた)」・「買戻型(かいもどしがた)」・「斡旋型(あっせんがた)」の3つに分けることができます。
それでは早速、それぞれの特徴や現金化の手順、換金率などを見ていきましょう。

①買取型(かいとりがた)

買取型とは「現金化業者に指定された第3者の商品を利用者が購入し、その商品を業者が再度買い取る」という現金化の方法です。
業者から購入金額として振り込まれる代金が現金化で得られるお金となり、業者が利用者から商品を買い取ることからこの名前がついています。

商品を購入した業者は購入した商品を再度、他に売却し、その売却額と利用者から得る手数料を利益とします。

買取型の手順

買取型の手順は以下の通りです。

  1. 現金化業者に申し込み…電話か業者のサイトから
  2. 業者に指定された商品を購入…第三者の店舗から
  3. 購入した商品を業者に売却…ギフト券はブランド品など
  4. 売却額が振り込まれ、完了

換金額は?

買取型では、新幹線の回数券やamazonギフト券、家電類、ブランド品などの換金率が高い商品が利用されます。

そのため換金率も高くなり、買取型を利用すれば80%以上の高率な現金化をすることができます。

注意点は?

買取型では前述の通り換金率が高い商品が現金化に用いられます。

これらの商品は現金化を禁止するカード会社が特に厳しくチェックしている商品類であり、買取型はカード会社に現金化が発覚してしまう可能性が高いという難点があります。

カード会社に現金化が発覚してしまうとペナルティを課される場合があるので注意が必要です。

②買戻型(かいもどしがた)

買戻型とは「現金化業者と利用者の間で商品を売買する際に、買い戻しオプションを結ぶ現金化の方法」です。

利用者が業者から購入した商品を、今度は業者が買い戻し、利用者は商品の売却額を得ることができます。

また買い戻しという形ではなく、返品という形でも行われることがありますが、この場合も区分としては買い戻し型に分類されます。

買戻型の流れ

買戻型の流れは以下の通りです。

  1. 現金化業者に申し込み…電話かサイトから
  2. 業者から商品を購入…数百円程度の安価なもの
  3. 購入した商品を業者が買い戻し…返品という形をとる場合も、配送料は利用者持ち
  4. 売却額が振り込まれ、現金化完了

買戻型の換金率・注意点

買戻型では買取型とは異なり、換金率が高い商品を利用する必要はありません。
そのためカード会社に現金化が発覚してしまうリスクは低くなります。

しかしながら業者との間で商品を配送する必要があり、そのため配送料がかかってしまいます。

買戻型の換金率は70%〜80%が相場となっているようです。

③斡旋型(あっせんがた)

斡旋とは紹介という意味の言葉です。

斡旋型の現金化とは、「現金化利用者と現金化業者をマッチングさせる斡旋業者(仲介業者)を利用して、現金化の申し込みを行う方法」のことを言います。

さらには現金化業者と斡旋型業者の他に、商品を買い取ってくれる買取業者も斡旋型では出てきます。

詳しい説明は省きますが、斡旋型はパチンコ店の三店方式と同じ形式となっており、斡旋型には違法性が全くありません。

また斡旋業者が仲介をしてくれるため、個人情報などを現金化業者に伝える必要がないという利点もあります。

名目上は斡旋業者、現金化業者、買取業者は全く別の組織となっていますが、実際には繋がっていることが多いようです。

斡旋型の現金化の手順

斡旋型の現金化を利用する際の手順は以下の通りです。

  1. 斡旋業者に申し込み
  2. 斡旋業者に紹介された現金化業者から商品を購入
  3. 斡旋業者に紹介された買取専門の業者に商品を売却
  4. 買取業者から得た代金が現金化されたお金となり、現金化完了

斡旋型の換金率

斡旋型を利用する場合、現金化業者に支払う手数料に加えて、斡旋業者にも紹介料・仲介料を支払わなければいけません
そのため他の現金化の方法に比べると換金率が低くなってしまい、斡旋型の換金率の相場は70%台となっています。

しかし、利用者が現金化業者と契約をしない限りは斡旋業者に紹介料が入ってこないため、斡旋業者を利用する場合は信頼性の高い優良業者を紹介してくれることが期待できます。

注意点

斡旋業者は優良な現金化業者を紹介してくれることが多いのですが、斡旋業者自体が詐欺集団である場合があります。

詐欺の例としては、「法外な紹介手数料を要求してくる」、「現金化業者を紹介すると言って、ヤミ金を紹介し利用するように強制する」といったことが挙げられます。

先ほど斡旋業者と現金化業者は裏で繋がっていると言いましたが、斡旋業者と現金化業者が裏で繋がっているほうが、このような詐欺の心配はないと言えます。

斡旋型を利用する際は、事前にしっかりと裏どりをすることが大切です。

「商品買取方式には3種類ある?特徴やメリット・注意点!」のまとめ!

キーボードとパソコン

  • クレジットカード現金化の商品買取方式には、「買取型」・「買戻型」・「斡旋型」の3種類ある!
  • 買取型…現金化業者に指定された第3者の商品を利用者が購入し、その商品を業者が再度買い取るという現金化
    メリット…換金率が高い
    デメリット…カード会社に現金化が発覚する可能性がある
  • 買戻型…現金化業者と利用者の間で商品を売買する際に、買い戻しオプションを結ぶ現金化の方法
    メリット…換金性の高い商品を購入する必要がないため、カード会社に現金化が発覚する可能性が低い
    デメリット…配送料を負担しなければいけない
  • 斡旋型…現金化利用者に現金化業者を紹介する斡旋業者を利用して、現金化の申し込みを行う方法
    メリット…優良現金化業者を紹介してもらえる、個人情報を現金化業者に伝える必要がない
    デメリット…斡旋業者にも手数料を支払わなければいけないため換金率が低くなる、斡旋業者が詐欺集団の場合がある

いかがでしたでしょうか?

それぞれの方法に特徴・メリット・デメリットがあるということがお分りいただけたかと思います。

現金化サービスを利用する際は自分の状況・希望する現金化金額などを考えて、どの方法を利用するか決めるようにしましょう。

最新!クレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介
RANKING

クレジットカードのショッピング枠を自分で換金するには手間が掛かって面倒…という方、手っ取り早く優良業者を知りたい!という方は、当サイトがイチオシする最新のクレジットカード現金化の優良業者をランキング形式でご紹介しておりますので、是非ご参考にして頂ければと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事