解説書を読む姿

お金を借りたくてもキャッシングやカードローンの契約をしていないときでも使える方法にクレジットカード現金化があります。どのようなものか把握して利用しましょう。

クレジットカード現金化の仕組み

財布とクレジットカード通常はクレジットカードでお金を借りるにはキャッシング機能を使いますが、クレジットカード現金化はショッピング決済を使います。
仕組みとしては換金性の高い商品を購入し、それを売却して現金を受け取ります。

実際の手順としては様々なものがあり、例えば自分でクレジットカードで購入可能な商品券を購入し、それをオークションサイトなどを使って転売する方法があります。
ただし、商品券の購入をクレジットカード払いでできる店の数は少なく、また、オークションサイトなども商品券の出品を禁じていることがあります。
また、取引が成立してから入金までの時間がかかってしまうため、緊急でお金が必要な場合には適していません。

このような手間を省くために使用されるのがクレジットカード現金化を行っている業者です。
この場合も業者から商品を購入し、それを買い取るという形で現金を受け取ります。
利用する際には悪徳な業者もいるので評判を確認してから申し込みましょう。

現金化業者を利用するにはどうすれば良いか?

指を立てる男性クレジットカード現金化は業者を利用すると売買をまとめて行えるので便利です。
業者には大きく分けると実店舗があるものと、オンラインで申し込みを行うものの2種類があります。

実店舗型を利用する場合は店頭に用意されている書類に必要事項を記入します。
相手の顔が見え、お金もすぐに手に入るので安心感がありますが、店舗に入るところを他者に見られてしまうリスクがあったり、このような業者の店舗自体が少ないので比較して選ぶことができない点が不便になります。

オンライン型はインターネットで申し込めるので他者に見られてしまう不安がありませんが、お金は振り込みになるのでいつになったら振り込まれるのか確認が必要です。

他社のクレジットカードを使って現金化を行うなどの不正利用があるため、利用する際には本人確認が行われます。
運転免許証のような写真付きの身分証明書を用意しておくと良いでしょう。
初めて利用する場合には電話確認が行われることも多いです。

クレジットカード現金化に違法性はあるか?

警察官クレジットカード現金化は仕組みとしては買ったものを売っているだけなので、違法ではないとされています。
ただし、これとは別の仕組みで価値のない商品を買わせ、それに対して現金のキャッシュバックを行う方式に関しては違法としてクレジットカード現金化業者が逮捕されたことがあります。

現在はこの方式の業者はほぼいませんが、見つかったとしても利用しない方が良いでしょう。

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、クレジットカードの規約に違反していることは理解して利用しなければなりません。
もし現金化していることが見つかってしまった場合、規約違反で強制解約され、利用残高は一括返済しなければなりません。
また、強制解約は信用情報に記録が残ってしまい、今後のクレジットカードやローンの利用に悪影響が出るので注意が必要です。
業者を使わずに自分で毎月のように限度額まで商品券を買って現金化していると見つかる危険性が高くなります。

悪徳業者に騙されないようにする

お金を束ねる男性クレジットカード現金化を行う業者には悪徳業者もいるので騙されないように注意します。
一度買ってから買い取ってもらう仕組みなので、このときに高い手数料を取られてしまう危険性があります。
特に換金率が高すぎる業者がこのようなことをすることが多いので、換金率に釣られないようにしなければなりません。

クレジットカード現金化の業者を使う際には口コミなどで評判を調べ、不透明な手数料を取るなどの不正を行っていない信用できるところを慎重に選びましょう。

ただし、厳密に言えば高い換金率で不正を行わずに入金してくれる業者であっても悪徳業者であることは理解しておきましょう。
クレジットカードの規約違反を行うことを勧めているため、信用できるとは言い切れません。
現金化で問題が起きていなくても、個人情報を横流しするなど悪用されて迷惑メールやチラシの投函、クレジットカードの不正利用などのトラブルにあう可能性も考えられるので、他に方法がないときに利用するようにしましょう。

おすすめの記事
アイロンの家電製品
クレジットカード現金化の種類
急な出費で手元のお金が足りなくなったときの対処方法として便利なのが、家電の現金化です。現金化の具体的な方法や流れなどについて詳しく見ていきま...