悪徳業者

クレジットカード現金化は手軽に現金を手に出来るため、安易に手を出して被害に遭う人が後を絶ちません。安心してクレジットカード現金化が出来るように、事前に必要な知識を学んでおきましょう。

現金化業者の創業年数は重要なポイント

チェックする女性クレジットカード現金化をする前に必ず調べておかなければならないのが、利用しようとしている会社の実態です。
どのような人物が経営しているのかを知らなければ安心して利用することは出来ません。

会社の実態を知るにはその会社のホームページにある会社概要を調べます。
会社概要にはその会社の所在地や責任者の名前、電話番号などが細かく記載されています。
もしも、これらの情報が見当たらない場合は悪質な業者の可能性が高いと言えます。
地図で所在地の場所を確認しても店舗らしきものが見当たらない場合も、まともな経営をしているとは言えませんので利用は避けましょう。

信頼できるお店であれば、会社概要やホームページの目立つ場所に創業年数を記載していますが、悪質な所は開業と閉鎖を繰り返しているので、こうした記載を避ける傾向にあります。
この創業年数が長ければ長いほど優良な会社と言え、目安としては10年以上と言われています。
利用したい店舗があった場合はまずホームページにある会社概要を確認し、創業年数をチェックするようにしましょう。

不必要な書類の提出を要求されたら要注意!

書類を握る男性クレジットカード現金化の手続きではいくつかの書類が必要になってきます。
必要な書類が何であるかをきちんと把握しておかないと、悪質な業者に騙されて余計な情報を渡してしまう可能性があります。

クレジットカード現金化の際に必要なものは、本人名義のクレジットカードと身分証明書、口座番号です。
身分証明書の提出には抵抗を覚える人がいるかもしれません。
しかし、他人のクレジットカードを不正に利用して現金化されるのはお店としても困るので、本人であるかどうかを確認する必要があるのです。
全ての業者が該当するわけではありませんが、こうした確認をせずに即日でクレジットカード現金化する所は注意が必要です。

ここで最も注意したいのがクレジットカードの個人情報です。
クレジットカードはあくまでもショッピング枠での買い物に利用するだけで、それ以外の理由で使用することは決してありません。
もしも、手続きの際にカード番号、暗証番号、セキュリティーコードの情報を求めてきたら、その時点で利用を止めましょう。
この3つの情報を誤って教えてしまうと、カード情報を不正利用されるかもしれないからです。

換金率をそのまま信用してはいけない理由

見積書どこのホームページにも記載されている換金率ですが、この数字をそのまま信用してクレジットカード現金化をすると痛い目に遭う可能性があります。
高い換金率が適用されるのはあくまでも高額な商品の現金化の場合が殆どで、小額の商品に関してはこれよりも低い数字で取引されるからです。

例えば現金化する商品の値段が200万円など高額であれば換金率は100%に近い数字となり、数万円程度の商品であれば大体85%から90%程度になります。
また、優良な業者であれば換金率は基本的に諸費用が引かれている数字が提示されているのですが、悪質なお店だとここから更に手数料や諸費用などの項目を作成して支払額を減らして来ます。
そうなると最終的な手取りが商品価格の5割から6割にされてしまうといった場合もあります。

こうした不正なピンはねを回避するには、正確な受取り額を知る必要があります。
その方法ですが、ホームページにその旨が記載されていないかをチェックするか、事前にお店に質問をしてみることをお勧めします。
もし、少しでも曖昧な返事が返ってきたら、そのお店でクレジットカード現金化をするのは止めましょう。

口コミサイトの情報利用は慎重に

メガホンを持つ男性インターネットにはクレジットカード現金化を取り扱っているお店に対する口コミやランキングサイトが多く作成されています。
そうしたサイトに書かれている評価も悪質なお店を除外するのに有効であると言えます。

但し、サイトに書かれている全ての情報がお店のサービスを反映しているとは言い切れません。
例えば、「このお店は最高です」とか「満足のいく対応でした」などの書き込みが多く見られると、とても優良なお店のように思えますが、具体的な内容が欠けているので何が評価されているのかが分かりません。
「最悪でした」、「対応が悪い」などの感情的な短い感想も何が悪かったのかが見えませんから参考にはならないでしょう。

口コミサイトやランキングサイトを利用する場合は、具体的な内容が伴った意見や感想のみを拾っていくことをお勧めします。
そして、それらの情報と自分で調べた情報を比較してお店選びをすれば、クレジットカード現金化で失敗をするリスクを減らせるでしょう。

 

関連キーワード
  • 解説する女性
    ショッピング枠現金化、ハズレ業者の特徴とは?
  • 悪徳業者
    悪質なクレジットカード現金化業者を見抜くポイント
  • ビジネスマン
    優良なクレジットカード現金化業者の選び方
  • 広告画面を見る男性
    誇大広告には注意!クレジットカード現金化のホームページで見るべきところ
おすすめの記事
お金を数えている人
クレジットカード現金化の種類
現金を持たずとも、支払いをすることが出来るのが電子マネーの特徴ですが、現金がどうしても必要という時には電子マネーを現金化できる方法があります...
クレジットカードとキャット
クレジットカード現金化のメリット・デメリット
クレジットカードを特別な方法で活用すれば、金融機関でお金を借りるよりも簡単に資金を調達することができます。 目次1 クレジットカード現金化の...