地方に住んでいてもクレジットカードの現金化は可能なのか、不安になりますよね。でも大丈夫!最近はネット上で現金化を行ってくれる業者の数が増えています。今回は来店不要のネット型クレジットカード現金化業者のメリット・デメリット含めて解説します。

地方に住んでいてもクレジットカードの現金化は可能か?

作業服の男性都会の繁華街を歩いていると、頻繁に「カードでお金」という看板を目にします。
これはクレジットカードの現金化を行ってくれる店舗型の現金化業者の看板です。

ですが、人口が少ない所では、こういった看板を見かけることはそうないかもしれません。
都心まで出かけるのには数時間かかり、電車代も数千円になるという地方居住者の方は多いでしょう。

ですが、地方に住んでいても都会に住んでいてもお金に困るのときがあるのはみんな同じ。
クレジットカードの現金化はお金が無いときに大助かりなサービスです。

では地方に住んでいても現金化を行うことは可能なのでしょうか?
答えはズバリ可能です!

インターネット営業型のクレジットカード現金化業者が登場!

ノートパソコンクレジットカード現金化が生まれた当初は、店舗型の業者しか存在していませんでした。
現金化を望む人は実際に店舗まで足を運ぶより、現金化を利用する方法は無かったのです。
現在とは違い、クレジットカードの現金化を行う業者の数も少なく、また都心部にしか店舗も無かったため地方居住者にとって現金化は利用しづらい側面がありました。

しかし近年、インターネットの発達やスマートフォンの普及に伴い、ネット上で営業をしている現金化業者が登場しています。

日本全国どこにいても現金化はできる!

ネット営業型の現金化業者の登場で、日本全国のどこにいてもクレジットカードの現金化が利用できるようになりました。
日本全国のどこにいても、自宅で簡単なパソコン操作をするだけで、たった数分でお金を手にすることができるようになったのです。

ネット営業型の現金化業者を利用するメリット!

アピールする男性近年、クレジットカードのショッピング枠現金化サービスを利用する人の半数以上が、ネット営業型の業者で現金化を行っていると言われています。
では、そんな人気が高まっているネット型現金化業者のメリットとは一体どういったものなのでしょうか?

次にネット営業型のクレジットカード現金化業者を利用した場合のメリットを詳しく見ていきましょう。

メリット① 時間と手間が省ける

店舗型の現金化業者を利用するには、当たり前ですが実際に店舗まで足を運ばなければいけません。
前述のように地方に住んでいる方ですと、都心にある店舗型業者を訪れるのも一苦労です。
時間だけでなくお金も相当にかかってしまいます。

ただでさえお金が無く、すぐにでもお金が必要なときに、わざわざ店舗まで出向かなくてもいいのがネット型業者の1つ目のメリットです。
ネット型業者を利用すれば、余計なことにお金も時間も取られる必要が無くなるのです。

メリット② 換金率が高い

店舗を構えて営業している現金化業者ですと、土地代や管理費、人件費、光熱費などのコストが多くかさみます。
現金化業者は利用者から得る手数料を利益としていますので、店舗型の業者ですと利用者から手数料を多く取らざるを得ません。
手数料が高いということはその分、換金率は低くなる、ということです。

ネット営業型のクレジットカード現金化業者ならば、土地代などのコストが要らないため手数料を低くを抑えることができます。
そのため店舗型の業者と比べ換金率が高い傾向にあります。

メリット③ 顔を見られる心配がない

クレジットカードのショッピング枠現金化は法律的にグレーゾーンなサービスです。
そのことを理解してクレジットカードの現金化を望む方の中には、どこか後ろ暗い理由があることでしょう。

現金化を行ってくれる業者とはいえ、あまり顔や姿をを見られたくないのも、当然な気持ちです。
ネット営業型の現金化業者を利用すれば、利用申請から実際の取引までネット上ですむので誰にも顔を合わせる必要がありません。

ネット営業型のクレジットカード現金化のデメリットとは?

複数のバツマーク光があれば影もあるものです。
ネット営業型の現金化業者のメリットを今まで見てきましたが、ちゃんと影の部分、デメリットについても理解するようにしましょう。

デメリット 悪徳な現金化業者が横行している

ネット上の現金化業者には悲しいことに悪徳業者が多く存在しています。
実店舗を持たないことから透明性が低く、違法な額の手数料を取ったり、利用者から得た個人情報を悪用するような悪質な業者が存在します。
ネット型業者なら簡単に現金化ができる利点はありますが、安心の面では店舗型の業者には劣ってしまいます。

悪徳なクレジットカード現金化業者に騙されない方法!

チェックマークを持つ人形ネット型の現金化業者は換金率や利便性は高いものの、先ほどお話ししたように悪徳業者が多く存在しています。
悪徳業者に騙されないためにもネット型業者を選ぶ際のポイントをしっかり押さえておきましょう。
以下にチェックポイントを挙げますので、業者を選ぶ際にご確認ください。

ポイント① ホームページ上の住所、電話番号は実在のモノか

ネット営業型の現金化業者は実店舗は無くても、事務所などを借りて営業を行っています。
しかしながら悪徳業者の場合、事務所すら借りていない可能性があります。

最も分かりやすい悪徳業者の見破り方は「事務所の所在地がはっきりしているか?」、ホームページに書かれている「電話番号は実在のものかを確認する」ことです。
可能であれば書かれている住所に実際に足を運んでみても構いません。

もちろん記載されている電話番号に電話をしてみるの1つの手です。
面倒だと思われる方もいるかもしれませんが、悪徳業者に騙されないためには、そのくらいの手間を惜しんではいけません。

また、書かれている電話番号が固定電話でない場合、その業者の信用性は低くなります。
固定電話でなく個人の携帯電話の番号ですと、現金化業者の所在地が明確ではないからです。

もちろん、電話番号が固定電話でないから悪徳業者だと決めつけるのは早急ですが、1つの目安として頭に入れておいてください。

ポイント② サイト上のホームページが手抜きorやたらと綺麗

サイト上のホームページがあまりにも手抜きですと悪徳業者である可能性が高いです。
もし仮に悪徳業者でないとしても、インターネットを利用して「クレジットカードのショッピング枠現金化」の営業を行っているのにホームページがお粗末ではその業者は信用に欠けるでしょう

反対にホームページがやたらと綺麗な作りですと、やはりまた悪徳業者である可能性が高くなります。
悪徳業者は綺麗な見た目のホームページで利用者を釣ろうとしているので、やたらとホームページの見た目を華やかに手の込んだ作りにしていることが多いのです。

ポイント③ 対応が遅い

ネット型業者はネット上での取引のため、とにかく取引スピードが早いことが特徴です。
にも関わらず取り引きにやたらと時間がかかったり、対応が遅々としている業者は悪徳業者の可能性が高いです

悪徳業者の手口として、何かと理由や難癖をつけて手数料を多く取ろうとしてくることが考えられます。
取引に支障が出ているフリをして問題解決のための手数料を要求してくることもあります。

即日入金が基本な現金化サービスで入金まで数日かかるというのはまずありえません
そのような業者に出会ったら取引が完了してなくてもすぐにキャンセルしましょう。

クレジットカード現金化で地方利用者が気を付けること

ガッツポーズの男性地方に住んでいてもネット型の現金化業者を利用すれば、何不自由なくクレジットカードの現金化を行えることはお話しした通りです。

しかし、1点だけ地方居住者の方だけに気を付けていただきたいことがあります。
それは送料が通常より多くかかってしまうということです。

ショッピング枠を現金にする仕組み上、必ず利用者と現金化業者との間で商品の受け渡しをする必要があります。
このときにかかる送料が地方の場合、高くついてついてしまうのです。
当然ですが送料の分、現金化の換金率は低くなってしまいます。

せいぜい数百円程度の差でしょうが、送料の分も損をしたくないという人のために送料を負担してくれる心優しい業者も存在します。
特にネット営業型の現金化業者の場合は先ほども言った通り、土地代や電気代を払う必要がありませんので、その分を送料負担などに回してくれることが多いです。
探せばそのような優良店はたくさんありますので、是非とも調べてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事