クレジットカード

専門の業者を介したクレジットカードの現金化は便利ですが、注意しなければならないポイントもあるので特徴を知っておく必要があります。

手軽に現金化を行える

 

円

お金を借りる場合、通常はキャッシングやカードローンの契約をする必要があります。
審査に時間がかかり、落ちてしまうこともあるので急いでいるときには不便です。
このようなときにクレジットカードの現金化が便利です。

カードが発行済みであればそのショッピング枠を利用して商品の購入と売却を行うことで現金化できるので、キャッシング枠を付けていなくてもすぐに利用できます。
お金を手にできるタイミングはどこを利用するかで異なってきますが、店舗であればその場で受け取ることができ、インターネットで手続きを行う場合も早いところでは即日の振込が利用できるので、緊急時でも対応できます。

業者を使わずに自分で商品の売買を行うことで現金化する場合、換金性の高い商品の選定や売却方法の検討、商品の受け渡しや入金などに時間がかかってしまうので、お金を手にできるまでのスピードに大きな違いがあります。
そのため、緊急時には適していません。

カード会社に知られにくい

クレジットカード

クレジットカードの現金化を行う際に、法律上は違法ではなくてもカード会社の規約に違反しているのでバレてしまうと強制解約になり、個人信用情報機関にも記録されてしまう問題点があります。
これは個人で行う際に特に注意が必要になります。

最も換金性の高いものは商品券ですが、クレジットカードで何を購入したかは記録されているのでカード会社でチェックできます。
頻繁に利用限度額の限界まで商品券の購入を繰り返していれば現金化していることに気付かれ、電話で問い合わせを受けてバレてしまう危険性が高くなります。
商品券を使わず、また、繰り返し購入しても不自然ではない商品を使っていれば通常の利用に見えるのでバレにくくなりますが、これはかなり手間がかかります。

業者を利用する場合、決済代行会社を通して処理が行われるので何に使われているのかカード会社が把握できず、現金化をしていることがバレる危険性がほとんどなくなるため、安心して利用できます。

換金率が低いことがある

換金率

クレジットカードの現金化を行う場合、実際に手にするお金がいくらになるのかが重要になります。

個人でオークションサイトを利用するなどして取引を行う場合、時間はかかりますが納得のいく金額になるように粘ることができます。

業者を利用する場合、換金率は80%程度になってしまうことが多いので利用額に対して実際に手にするお金は少なくなります。
90%を超えるようなところもありますが、この場合は利用できる金額が一定額以上でなければならないなどの制限があり、高額の現金化を考えているときには問題になりませんが、少額のお金が欲しいときには利用できません。
無理に利用しようとして必要以上に現金化を行うと実質的な換金率が下がってしまい、カード会社に支払う手数料が増加するので、損になります。

ただし、金利に換算するとキャッシングやカードローンよりも高くなってしまうことがほとんどであり、返済の負担は大きくなるため、使い過ぎないように注意しましょう。

騙される危険性もある

騙される男性

実体のある店舗を構えているところでは騙される危険性は少ないですが、インターネットのみで営業しているところでは悪質な業者も少なくないので騙されることがあります。
店舗に行ければ比較的安心と言えますが、数が少ないので近場にあるとは限らず、遠くの店舗に行くとお金に困っているのに交通費をかけてしまうので得ではありません。

インターネットでクレジットカードの現金化をする際のトラブルとして多いのが振込の際に多額の手数料が取られていたり、振込すら行われずにホームページも消えているなどがあります。
安心して利用できるところも多いですが、このような危険性もあることを把握しておき、どこを利用するべきか十分に調べておかなければなりません。
また、不透明な手数料を取られることがないように電話して直接確認した方が良いでしょう。
ホームページ上に分かりにくく記載されていることがあるので、自分で調べて判断すると見落としている可能性があります。

関連キーワード
  • カードと女性
    クレジットカード現金化のメリットはクレジットヒストリーが汚れないこと
  • グラフ
    必見!クレジットカード現金化をする前に限度額をアップさせる方法
  • メモをする女性
    クレジットカード現金化は専門業者に任せたほうが安心?
  • クレジットカードとキャット
    自分で行う「クレジットカード現金化」解説
  • 喜ぶサラリーマン
    クレジットカード現金化のメリットはたくさんある!
  • クレジットカード
    クレジットカード現金化を利用するメリット・デメリット比較
おすすめの記事
お金を数えている人
クレジットカード現金化の種類
現金を持たずとも、支払いをすることが出来るのが電子マネーの特徴ですが、現金がどうしても必要という時には電子マネーを現金化できる方法があります...