解説する女性

ショッピング枠現金化では必ずある程度の損をすることになります。少しでも損を減らすことが、上手な業者選びのコツです。

古物商の許可証がある業者を選びましょう!

ルーペとショップ何かを買い取って販売するという業態では、古物商の許可が必要になります。
ショッピング枠現金化を行っている業者のホームページの会社概要で、古物商の免許を持っているかどうか確認しましょう。

ただし古物商団体はショッピング枠の現金化を禁止しています。
業者が販売しているものをクレジットカードで買わせ、買い取るという仕組みでの現金化は違反行為になります。

そこで最近利用されているのがギフトカードです。
ギフトカードは一般的にも需要が高いため、よくわからない商品を購入させられる場合よりもかなり高い買取率で換金することができます。
ただし特定のお店、サイトを除いて、クレジットカードでギフトカードなどの換金性のある商品を買うことはできません。
買い取り業者だけでなく、購入方法についても理解しておくことが大切です。

現金化するまでに時間がある場合はオークションサイトで購入すると、実際の額面よりも安く購入できる場合があります。

簡単すぎる手続きには要注意!

キーボードを操作する男性ショッピング枠現金化を利用するときにできるだけ簡単に、すぐにお金にしたいと思うかもしれませんが、簡単すぎる手続きをする業者には注意が必要です。
そもそも何かを買い取って転売するという業態では、必ず買取りをするときに身分証明書など個人情報の提供が必要になります。
もしその商品が盗まれたものであった場合、お店側に責任が発生してしまうためです。
安心できる業者での取引であれば、必ず身分証の提出を求められます。
提出方法はスマートフォンなどから撮影した写真で問題ありません。
ただし身分証を提出するのは、最終的に取引を決定した会社だけにし、むやみやたらに様々な業者に送るのは避けましょう。

評判を見て判断するのも良いでしょう。
口コミでショッピング枠現金化までの速度や対応を確認することができます。
高すぎる買取率ではショッピング枠現金化をする会社の利益がなく、そもそも事業として継続不可能な場合があります。
少しでも高く売りたいと思うかもしれませんが、高すぎる換金率を提示している会社にも注意が必要です。

換金率が不確かなショッピング枠の現金化業者

計算機ギフトカードは需要と供給で価格が上下しますので、常に同じ買取率とは限りません。
まとめて販売したほうが手間が少なく済みますので、高額な取引ほど買取率が高くなるお店もたくさんあります。

その中で、ホームページ掲載されている買取率が常に定額となっているようなところにも注意が必要です。
極端に買取率が低い場合は利益が出ますが、高い買取率のまま継続して続けることは困難なのです。
ホームページに掲載されている情報が古い場合もありますので、クレジットカードの現金化をするときには、必ずショッピング枠で現金化したい金額と買取率を確認するようにしましょう。

また振込手数料や事務手数料など、さまざまな理由をつけて最初に提示していた換金率を下げてくる業者にも注意が必要です。
確かに振り込みをすれば手数料がかかってしまいますが、ショップ側が負担してくれるサイトもたくさんあります。
手数料に関してしっかり記載されているサイトが安心できるでしょう。

どうしても心配なら金券ショップを利用しよう

硬貨と植物ネットでのショッピング枠現金化が心配な場合は、町にある金券ショップを利用すると良いでしょう。
ただし金券ショップでクレジットカードでの購入はできません。
簡単にクレジットカードで買える換金性のある商品は新幹線のチケットです。
特に東京名古屋間、東京大阪間のように需要の多いチケットは買取率が高くなります。

また、カード会社はカードホルダーの購入履歴をチェックしていますので、頻繁にこの方法を利用すると、ショッピング枠現金化目的の利用と判断されてカードが止まる可能性がありますので、使いすぎには注意しましょう。

金券ショップでの売買であれば対面で取引をすることができますし、その場で現金を手にすることができます。
その中でも損をしないように、複数の金券ショップが立ち並んでいて、買取率を比較できるようなエリアで現金化すると良いでしょう。
そのようなエリアでは競争も激しいため、非常に高い買取率を提示している場合もあります。

関連キーワード
  • 解説する女性
    ショッピング枠現金化、ハズレ業者の特徴とは?
  • 悪徳業者
    悪質なクレジットカード現金化業者を見抜くポイント
  • ビジネスマン
    優良なクレジットカード現金化業者の選び方
  • 広告画面を見る男性
    誇大広告には注意!クレジットカード現金化のホームページで見るべきところ
おすすめの記事