ギフト券

クレジットカードを現金化する行為は、多くの人がやっています。しかし、その行為は安全なのでしょうか。今回は、クレジットカードの現金化する行為は法律上問題ないのか、またギフトカードを購入し現金化する場合は?そのような疑問について調べてみました。

クレジット現金化って法律に引っかかる?不安な人はギフトカードの現金化!

手をかざす男性クレジットカード現金化サービスを利用する際、『クレジットカード現金化は法律上どうなのか』と考えたことはありますか?インターネットで検索してみましたが、法律上はグレーな部分とても多く判断が難しいようです。

理由として、法律に引っかかるかどうかはクレジットカード現金化業者によるからです。
つまり、業者によって違法か合法か変わるので、法律上グレーとなり判断が難しくなっているようです。

本当に大丈夫?クレジットカード現金化と法律の関わり

銅像そもそもクレジットカードを現金化する業者は2つの業態で分かれています。その違いを確認してみましょう。

クレジット現金化業者のサービス内容の違い

買取方式

  1. クレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入。
  2. その商品を業者に買取ってもらうことで現金化する。

キャッシュバック方式

  1. クレジットカード現金化するサービス業者を通してショッピング枠でキャッシュバック特典の付いた商品を購入。
  2. 商品を購入後、キャッシュバックとして現金を受け取る。

法律上、買取方式では古物商法、キャッシュバック方式には景品表示法のくくりになります。
しかし、買取方式は2011年8月『現金化を目的としてショッピング枠を利用させるこの商法は、ショッピングに見せかけた貸付である』と認定されたそうです。

つまり法律上金融業と認定されたんですね。
なので、古物商ではなく法律に基づいて貸金業の登録をしなければいけません。
また、登録後も貸金業として、法律に基づき出資法の上限金利を上回ってはいけないのです。

しかし、クレジットカード現金化業者の行なっているサービスを貸金として金利を計算してみると、法律で決められた上限金利を大きく上回っており2012年4月に『出資法違反』となってしまいました。
さらに、金融業と認定された以降も『貸金業法違反』で買取方式のクレジットカード現金化業者がいつくも摘発されているようです。
しかし、優良業者があるのも事実。

クレジットカード現金化を行なう際は、業者を見極める力が必要になります。

※詳しい優良業者の見極め方法についてはこちら

店舗型は安心!?ネット上の非店舗型は不安!?

OPENの看板クレジットカード現金化業者には、店舗型と非店舗型の種類に分けることが出来ます。
この2つには、どの様な違いがあるのか確認してみましょう。

店舗型と非店舗型の違いとは!?

店舗型の特徴

クレジットカード現金化を行なっている店舗に消費者が出向きます。店舗の窓口で以下の内容を行います。

  • 内容の確認
  • 手続き
  • 現金受け取りを行ないます。

店舗型のメリットは業者の顔を見て手続きが出来る安心感です。
また、その場で現金が受け取れるものメリットといえるでしょう。
デメリットは、クレジットカードを現金化したいと思った時に店舗が近くにないときです。
また、店舗まで出向く必要があるため、時間がかかってしまうこともデメリット面ですね。

非店舗型

非店舗型の特徴は、Webや電話、FAXなどを利用し消費者自身が上記の様な流れで手続きを行ないます。
また、現金は銀行振り込みとなっているようです。

非店舗型のメリットは、その場でサクッと手続きが行なえることです。
店舗に出向く必要がない、現金振り込みまで早く数十分で現金化出来るメリットがあります。
デメリットとしては、会社の所在が分からないことが多く、トラブルになってしまった場合不明確な部分が多いことが挙げられます。

店舗型、非店舗型とそれぞれメリットもデメリットもあります。

しかし、どちらにも法律に触れるような悪徳業者は潜んでいます。
利用するにあたって、一番注意しないといけないことは、優良な業者でクレジットカードの現金化を行なうことです。
優良な業者であれば、どちらの店舗形態でも自分に合った店を効率よく使い分けることが出来ると思います。

それでも不安な人はギフトカードや商品券を現金化!

解説をする男性クレジットカードの現金化が不安だと思っている方は、商品券やギフトカードを現金化してはどうでしょう?
実は、クレジットカードのショッピング枠ではギフトカードなども購入することが出来ます。
では実際、どのようにして現金化していくのでしょうか?確認してみましょう。

金券ショップで買い取ってもらう

クレジットカードのショッピング枠で購入したギフトカードや商品券を金券ショップで買い取りしてもらう方法があります。
ギフトカードや商品券などは金券なので、確実に買い取ってもらえるからです。
しかし、安く買い取られるのも事実。
金券ショップでギフトカードや商品券を買い取ってもらう際は、前もって買取レートをチェックした方が良いでしょう。
また、何店舗かの金券ショップでレートの確認をすることをオススメします。
また金券ショップの買取価格の平均は94~95%と言われているようです。
覚えておいて下さいね。

オークションに出品

ギフトカードや商品券は、ネットオークションでも現金化することが可能です。
ギフトカードや商品券は、人気があるので必ずと言っていいほど落札されます。
また、ネットオークションは手軽に利用出来るため、操作方法を覚えれば簡単に出品することが可能ですよ。

ギフトカードや商品券を現金化際は注意も必要!!

ギフトカードや商品券などを現金化する際は、金券に記載している通りの金額を受け取ることが出来ないので、しっかり覚えておきましょう。

ギフトカードを現金化するメリット・デメリットを確認しよう!

ギフトカードや商品券を現金化するメリット

  • 消費者ローンなどから新しく借り入れする必要がない。
  • ギフトカードなどを購入しているだけなので審査などもなく、消費者ローンなどの審査が通らなかった方でも利用が可能
  • クレジットカードを持っていれば、ギフトカードなどの金券を購入することが出来る
  • 信用機関などに登録される心配がない

ギフトカードや商品券を現金化するデメリット

  • クレジットカードを持っていないと利用出来ない
  • 還元率をごまかされる可能性がある
  • クレジットカードが利用停止になる可能性がある
  • ローンを一括請求される可能性がある

クレジットカードが利用停止になったり、ローンを一括請求される可能性があるのはなぜでしょう?
換金目的でクレジットカードのショッピング枠を利用することは、法律違反ではありません。

ですが、クレジットカード会社と結んだ利用規約では違反とされているからです。
なので、ショッピング枠ギリギリまでギフトカードを購入したり、頻繁に商品券を購入するとクレジットカード会社に警戒されるようなので、注意が必要になります。

現金化をする場合はメリット・デメリットを考えて判断する

YESorNOクレジットカードを現金化する際は、上記で紹介したどの方法であっても、メリットとデメリットがあります。
それを、しっかり踏まえた上でクレジットカードを現金化してくれる業者を自分で見極めるようにして下さい。

例えば、業者を利用する前に、情報を集めて安心できる業者か判断するなどです。
また、一度利用したからという理由で、その業者をずっと利用し続けることも良いですが、よりよい業者に出会えるように情報を集め新しい業者を開拓するなど工夫して効率よくクレジットカードを現金化出来るようにしましょう。

関連キーワード
  • ギフト券
    ギフトカードの現金化は法律的に大丈夫?
  • クレジットカードで支払う人
    換金率100%を狙え!自分でクレジットカード現金化をするコツ
  • クオリティー
    クレジットカードを現金化するなら優良業者を見極めよう
  • カードでネットショッピング
    クレジットカードで商品券は買える?買えない?
  • クレジットカード
    現金化とはどのようなものなのかをより深く知る。種類や方法について。
おすすめの記事
アイロンの家電製品
クレジットカード現金化の種類
急な出費で手元のお金が足りなくなったときの対処方法として便利なのが、家電の現金化です。現金化の具体的な方法や流れなどについて詳しく見ていきま...