クレジットカード

クレジットカードを現金化する際には、現金化がどういうものなのかをしっかりと理解しておく必要があります。ここでは現金化という言葉の意味や、現金化をする為の手段や手法について見ていきます。

現金化という言葉について知る

現金言葉の意味

現金化とは、商品と交換できるポイントや金券、決済枠を現金に換金するという意味で使われます。
主にクレジットカードのショッピング枠に設定されている利用限度額を現金に換金する際に使われていますが、近年はAmazonギフトカードや、携帯電話の決済枠を現金に換金する際にも使われ、用途に広がりを見せています。

クレジットカードにおける現金化とは?

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠の二つがあります。
キャッシングは使途を限定しない現金をダイレクトに借り入れることができますが、ショッピング枠は買い物に使途が限定されています。
ショッピング枠に設定されている利用限度額を、現金に換金して使途が自由な資金を調達することをクレジットカードの現金化といいます。
キャッシング枠の利用限度額を使い切って、さらに現金が必要な場合などに活用されます。

現金化の手法とは

パソコンクレジットカードの現金化とは言っても、実際にどのような手法で現金に換金しているのでしょうか。
クレジットカードのショッピング枠を現金に換金する手法を紹介します。

ショッピング枠で購入した商品を売却

ショッピング枠に設定されている利用限度額が50万円であれば、その利用限度額内で実際に販売されている商品を購入します。
購入した商品を売却することで、現金を得ることができます。

業者を利用するメリット

喜ぶ男性クレジットカードの現金化は個人で行うこともできます。
購入した商品を上手く売却することができれば、利用限度額を超える現金を調達することができます。

しかし、買い手が見つかるまでに時間がかかってしまう、安く叩き売って換金率が著しく低くなってしまうリスクもあります。
クレジットカード換金業者を利用すれば、最短5分で換金をすることができますし、換金率が70%~90%と非常に高いです。
業者を利用することで高く売却できるリターンはありませんが、スピーディーかつノーリスクで現金化をすることができます。

クレジットカードを個人で現金化するのは時間とリスクが有るということが分かりました。
そもそもクレジットカードを現金化しなければならない時は急いでいるシチュエーションが多いので、私が現金化を行う時は業者を利用することになりそうです。

誰でも簡単に現金を作れる

ジャンプする女性クレジットカード現金化とはどのようなメリットがあるのかということを考えた時に、クレジットカードさえあれば現金を調達することができるという点が挙げられます。
具体的な例を挙げながら、どのような人でもお金を借りられるかどうかを紹介します。

ブラックリストに載っている方でも使える

キャッシングサービスの支払状況が悪かったり、多重債務を抱えていたり、自己破産をしたりした方は個人信用情報に履歴が残り、消費者金融から融資を受けられなくなることがあります。
そのような状態をブラックリストに載るといいます。
そのような方でも、キャッシュカードさえ持っていればショッピング枠を現金化することができ、現金を調達できます。

主婦や学生、無職でも使える

一般的な消費者金融では、収入源のない主婦や無職の方はお金を借りることができません。
学生の場合は扶養している親の収入が審査の対象となるので、お金を借りることが親に知られてしまいます。
キャッシュカード現金化であれば、収入がない方でも利用できるので主婦や学生や無職の方でも現金を用意できます。

家族にバレにくい

家族と同居している方で、誰にも知られずに現金が必要な場合もありますが、そのようなシチュエーションでもクレジットカード現金化は便利です。
カードローンを利用する際には、契約書やカードが自宅に郵送されて、家族にバレてしまうことがあります。
クレジットカード現金化は、必要書類のやり取りがなく、秘密で現金を調達することができます。

定職についていなくても現金化することができるということを知って驚きました。
仕事を辞めて、次の仕事が見つかるまでのつなぎとしても使えそうですね。

その他のクレジットカードを現金化する方法

招き猫クレジットカード以外にも様々なものを現金化することができます。
ここではその他の現金化とはどのようなものがあるのかを見てみましょう。

電子マネー

コンビニエンスストアなどで、機会にかざすだけで支払いをすることができるのが電子マネーです。
電子マネーは大きく分けて二つの種類があり、それぞれで現金化の方法が違いますので、それぞれの現金化方法を紹介します。

プリペイド型

プリペイドは先払いという意味があり、予めお金をチャージしていた金額分を買い物の時に支払いとして使えます。
プリペイド型の電子マネーはチャージしてしまった分を払い戻すことができませんので、チャージした金額を引き出すために現金化を行います。
チャージした金額分の商品を購入して、売却する方法で現金化をしましょう。
また、溜まったポイントで商品を購入して現金化するという方法もあります。

ポストペイ型

ポストペイ型は先に商品を購入して、後払いをするという方法です。
ポストペイ型の電子マネーは予め現金をチャージしなくても良いので、クレジットカード現金化に近い感覚で現金を調達できます。
電子マネーの会社によって一度に購入できる金額が違い、最高でも5万円分の買い物しかできませんので少額の現金を調達したい時に役立ちます。
クレジットカードで電子マネーをチャージすることもでき、そのような方法でチャージすることでカード会社から警告を受けずに現金化をすることができます。

商品券や旅行券を現金化

イベントや行事などの景品やプレゼントで、商品券や旅行券を手に入れることがありますが、金券ショップで買取ってもらうことで現金化することができます。
換金できる金券ショップは換金率が70%~80%が相場ですので、より高い換金率を求めるのであればネットオークションなどを活用して現金化するとよいでしょう。

クレジットカードを現金化する行為はクレジットカード会社が禁止しており、場合によっては利用停止になってしまうこともあります。
商品券や電子マネーを現金化する方法であれば、そのようなリスクを負わずに現金化ができるので、まずは自宅に商品券が無かったかを探してみようと思います。

個人で現金化する方法とは

現金化の方法を考える女性クレジットカード現金化業者を利用すると、スピーディーかつ手軽に現金化をすることができますが、手数料などを取られて最終的に換金率が80%ほどになることもあります。
業者を通さずに個人でできる現金化とはどのようなものがあるかを考えてみました。

オークションサイトを使って売却

ヤフオクでアカウントを2つ用意し、片方のアカウントで購入した商品を出品して、もう片方のアカウントで簡単決済の支払いをするという方法があります。
アカウントを2つ作るには、登録住所を別にしたり、使用するパソコンも2台に分けたりといった手間がかかりますが、換金率だけで言えば業者を使うよりも優れています。

飲み会の支払いをまとめてカードで行う

飲み会の会計を集めて、自分のクレジットカードで支払うことによって、現金化をすることができます。
参加人数の少ない飲み会だと現金化することができる金額は少額ですが、職場の忘年会など大人数が集まる飲み会であれば大きな金額となります。
急に現金が必要になった場合は使うことができませんが、クレジットカード会社からも警告を受けることなく安全に現金化できる方法の一つです。

金券ショップで買えるものを購入する

QUOカードや新幹線の回数券といった、高換金率で売却することができるものを購入して、金券ショップで売却するという方法です。
時間をかけず換金率も非常に高いですが、このような金券の購入にはクレジットカード会社が厳しく目を光らせているため、カードが停止になるリスクが高いです。

個人でクレジットカードを現金化するのは、手間と時間がかかり結局は換金率もそれほど高くはないという印象を持ちました。
換金率が高い方法はカード停止などのリスクがあるので、結局は業者を使った方が便利だと感じました。

現金化をする際に生じる手数料とは

現金化の手数料に悩む男性クレジットカード現金化をする際には、様々な手数料がかかります。
そのような手数料も踏まえた上で最終的な換金率が決まりますので、こちらで現金化にかかる手数料について見ていきましょう。

決済手数料

クレジットカード会社が商品を購入した決済を行う際に生じる手数料です。
業者のホームページなどで表示されている換金率から、決済手数料を差し引かれることもあります。
予めホームページで表示されているのは決済手数料を差し引いた換金率なのかを確認しておくようにしましょう。

配送料

購入した商品が自宅に届く際の配送料がかかります。
業者の中にはこのような配送料を負担してくれるところもありますので、少しでも換金率を高めたいと考えている方はこのような業者を選ぶようにしましょう。
配送料が自己負担の場合は、送料が安い商品を選んで購入するとよいでしょう。

振込手数料

お金を振り込む際に生じる振込手数料も、クレジットカード現金化にかかる手数料の1つです。
この手数料は一般的な銀行の手数料と同じ料金ですが、悪徳な業者の中には明らかに高い振込手数料を請求しているところもありますので、注意が必要です。

消費税

クレジットカードを現金化する際には、消費税がかかります。
100万円のものを購入して、換金率が90%の場合は90万円を手に入れることができますが、ここから消費税が引かれることを念頭に置いておきましょう。

消費税がかかって、108万円の決済金額に対して90万円を手に入れますので、実質的には換金率が90%を下回ることになります。

クレジットカードを現金化するには様々な手数料がかかることが分かりました。
業者が提示している換金率は、このような手数料を差し引いた換金率なのかどうかを確認する必要性がありそうです。

クレジットカードの現金化で損をしないために

現金化のリスクをチェックする女性クレジットカードを現金化する以外にも様々なものを現金化することができるということが分かりました。
しかし、手間や時間、換金率などを考えた時にクレジット会社を利用するのが最もメリットが大きいと感じました。
もちろん、業者によって換金率が違い、また手数料を含んだ上での換金率なのかどうかという点にも違いがあるので、本当に業者選びは重要だということを思い知らされました。
クレジットカード現金化とは、急に現金が必要になった時には大変便利ですが、換金率や手数料の確認を怠ると大損してしまうリスクがあるので、しっかりチェックした上で利用します。

関連キーワード
  • ギフト券
    ギフトカードの現金化は法律的に大丈夫?
  • クレジットカードで支払う人
    換金率100%を狙え!自分でクレジットカード現金化をするコツ
  • クオリティー
    クレジットカードを現金化するなら優良業者を見極めよう
  • カードでネットショッピング
    クレジットカードで商品券は買える?買えない?
  • クレジットカード
    現金化とはどのようなものなのかをより深く知る。種類や方法について。
おすすめの記事